上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
前回の多摩よこやまの道歩きから、すでに半年たってしまった。
7月の暑さと8月の雨続きで、家の中でぐずぐずしているうちに、あっという間に秋が来た。
世の中ではいろいろなことが起きて、季節は正しく巡っている。
私は、と言えば、時間が過ぎる感じがどんどん速くなっているみたい。困ったことだ。


金木犀の香りがただよう秋晴れの日に、よこやまの道を踏破してきた。
今回は東側から。スタートは京王相模原線若葉台駅。
ニュータウンらしく非常に人工的に整備された町が広がっている。
page横山の道1

多摩市のHP→で紹介されているよこやまの道の地図「多摩よこやまの道 鎌倉街道~丘の上広場」に従い線路に沿って歩く。
15分くらいで入り口に着くはずなのに、変だな、目印の中学や病院が見あたらない。
住宅地の中をぐるぐる迷いながら歩いて、やっと尾根幹線道路らしき道に突き当たって左折。
その先には多摩大学が見えてきた。
かなり先まで行き過ぎた。30分くらいロスして弓の橋に着く。
なぜこうなってしまったのか頭の中が混乱状態。

地図が間違っていたのではないかと思って帰ってからグーグルで調べたら謎が解けた。
途中の私道みたいな細道を歩くということらしい。
「若葉台駅西」という1つめの信号を渡ってから、しばらく行った所、ウェリス若葉台というマンションの駐車場と中学のグラウンドのフェンスの間の細道がその道なのであろうと思われるが、とてつもなくわかりにくい。
ストリートビューで確認したけれど印や案内は何もなかった。中学のグラウンドは一段高くなっていて中が見えない。
もし見つからなかったら、2つめの「若葉台小学校南」の信号を左折すれば「多摩東公園」という交差点に着き、この左側の弓の橋が起点。



さて、やっとたどり着いた弓の橋のたもとから登ったところにある丘の上広場。
眺めがよい。
page横山の道2

高いところからの眺めを満喫。気を取り直して出発。
page横山の道3



とってもいい感じの道が続く。道も道標もきれいに整備されている。
page横山の道4
瓜生黒川往還
川崎市の黒川と多摩市永山の瓜生を結んでいた往還道。黒川の「黒川炭」や「禅寺丸柿」などを八王子方面や江戸市中に運ぶのに使われていた。


よこやまの道はたくさんの古道が交差しているけれど、まず初めは江戸時代の道だね。




続いて「古代東海道」という表示。
ここからしばらくはよこやまの道と重なっているらしい。

古代東海道は現東海道と異なり、相模国府~武蔵国府間は多摩丘陵を通っていた。
黒川配水場の高台は丸山城とも呼ばれ、古代東海道の物見やのろし台とも考えられている。
page横山の道98

尾根の南側には人の暮らしの気配があって、いい感じの里山風景。
コスモスや萩がきれいに咲いている。
page横山の道5


 
なだらかな丘の上は展望広場。
富士山や丹沢、秩父連山、浅川沿いの七生丘陵、狭山丘陵まで見渡せるそうだ。

page横山の道7 

遠くの山は霞んではっきりと見ることは出来なかったけれど、なるほど良い眺め。
ここは、伝承防人見返りの峠。万葉集にもうたわれているらしい。ここからふるさとの方向をふり返って別れを惜しんだのだろう。
横山の道1



分倍河原合戦前夜の野営地
鎌倉幕府滅亡の戦で知られる分倍河原の合戦前夜、鎌倉軍の北条泰家軍二十万騎は、このよこやまの道の尾根で息を潜めて一夜を明かしたと伝えられている。


なんと二十万騎。ほ、ほんとですかい。二十万人だけでもびっくりなのに、馬もかい。
page横山の道99


国士舘大学のグラウンドを左に見下ろしながら坂を下っていくと、
校門の横に古道五叉路という表示を見つけた。
page横山の道8

古代東海道と、鎌倉古道と、あとは何かな。
今も五叉路っぽくなっていたので撮ってみた。1番左はあやしい。
横山の道horz2  


ここは、現在の鎌倉街道と尾根幹線との交差点。
page横山の道9



古道の鎌倉街道は時代によって様々なルートがあったらしい。
横山の道3 

一本杉公園
歴史を感じさせる建物もあったけれど、どんどん通過。
裏の門が由緒ある風情。
ここにも古道の表示。
page横山の道90 
鎌倉裏街道
鎌倉街道の一つに、関所を設けた通称鎌倉裏街道がある。後に新撰組となる土方歳三や沖田総司らは、日野宿方面から小野路の出稽古に通うのにこの道を使っていた。

日野から小野路まで10km以上。歩いて通ったんでしょうね。お疲れ様。


page横山の道91 



中坂公園という丘の上の小さな公園。展望スポットになっている。

奥州古道と石仏群
この付近には奈良や京都まで続く「奥州古道(国府街道)」が通っていた。近くには、古道筋にあった石仏立ちが集められた石仏群が残されている。

page横山の道81


いかにも古道らしい道を通り、テニスコートの脇を抜ける。
page横山の道82



左にゴルフ場。クラブハウスの右手に尾根幹線。
page横山の道93 


そしてこの中世の城のような建物は、
横山の道2 

多摩市総合福祉センター。隣にはプールもある。
なんでこんなデザインにしたのでありましょうか。

page横山の道83 

やっとたどり着いた。
小山田緑地への分岐の公園。
page横山の道95 

ちなみに4月はこんな感じだった。
横山の道31 

これで前回とつながった。
この日歩いた距離は、正式には9.5km。


page横山の道97 
小田急多摩線唐木田駅に到着。
ここまでで約10km。プラス若葉台から迷った分を入れて約12km。3時間半くらい。
土方歳三が稽古に通った片道分くらいだね。結構歩きでがあったよ。

ちなみに西側起点の唐木田配水所まで歩くと、あと1.7km。
歩けないこともないけれど、最寄り駅の南大沢までは、更に2kmだよ

a80905050横山の道


スポンサーサイト
2015年09月29日 | | | てくてく歩き | Top↑ |
再トライしたわけではないのよ。これも前回の続き。
小山田緑地分園との分岐点で引き返し、とりあえず横山の道起点に向かう。

途中の展望広場は休憩にちょうどいいんだけれど、踏切のカンカンという警報が鳴り続けているのがちょいと耳障り。
近くに線路はないのになぜか。
ミステリーである。

page横山の道1
と思ったら、なんてことない、崖下に東急の自動車教習所があった。


途中にある「鶴見川流域最高度三角点」の表示。
この尾根の南側に降った雨粒は鶴見川になって横浜市を横断する。
北側に降った雨は大栗川から多摩川に合流する。
そして、長い時間の末に東京湾の片隅でまた出会うのだ。
尾根道のてっぺんでわんこがおしっこをしたら・・・、ついついつまらない妄想を・・・どうでも良い。


右下写真の赤いタマホームの看板の裏が横山の道の起点だと思う。
でも何も書いてなかったように思う。
一応その先の陸橋を渡って長池公園まで行ってみたが、「ここが起点」の印はなかったように思う。あまりしっかりと探さなかった。
page横山の道2
どちらにしても、スタート地点は踏んだからね。いつの日か横山の道全線踏破をするとしたら、の証拠作り。


ずっと横山の道に並行している尾根幹線道路の陸橋上から。
page横山の道3 

ここからがこの日のお目当て。鶴見川の源流を目指す。
泉の広場1

前の記事で「歴史とロマンを感じる」とか書いたけど、ロマンて何だろう。
甘美な夢、冒険心をもたらす事柄・・・とか何とか
川の源流の始めの一滴を見てみたいというどうでもいい衝動?
甘美かどうかは知らないけれどささやかな冒険心?あたしは一体何やってんじゃろ。

何々古道とは書いてないけど、良い雰囲気であります。
泉の広場2

こんな道を歩いているときは全く疲れない。どこまででも歩けるのだ。
泉の広場3

山道を下りきった所に開ける谷戸。
泉の広場4

谷戸の縁を巡るように道が付けられている。
案内板があったけれど、文字が薄れている。
以前来たときは辛うじて、「鶴見川源源流」と読み取ることが出来た。

源流の源とはなんぞや。
不思議な響きに引き寄せられる。
泉の広場5

竹のトンネルをくぐって進む。なんか秘密めいている。トトロの世界じゃ。
泉の広場6

この谷戸田のような所がその場所らしい。
泉の広場7

木の影の中程から水が湧き出して、かすかに波紋が写っている。
泉の広場8

辺り一面こんな感じ。じわじわと水がしみ出している。
源源流2

源源流
さっきの尾根はすぐそこ。
この尾根の土塊の中に大量の水がしみこんでいて、ここに湧き出しているのだ。



湧き出した水はすぐにまた地下に潜ってしまう。
泉の広場9

それから、もう一度地上に出てくる。
鶴見川泉のひろば。源流の泉。やっぱり休園中だった。3年以上閉鎖されている。
以前は3ヶ所くらいで湧き出していたのに、どういう要因か知らないが今は一つの池だけになっている。
page泉の広場 
写真を撮っていたら、
「何でそんな事するのかね」と年配のご婦人にとがめられてしまった。
中に入ったわけではないので写真くらいいいではないかと思うのだが、
広場のまん中にある遊歩道は、今は閉鎖されているんだけれど、民家の門に通じているので、確かに鬱陶しいとは思うよ。
自然とか環境保護とか必要だけれど、そこに生活している人と、そこに見に来たり働きかけたりしようとする人との間に温度差があるのは確かなんだな。


もう一度湧き出した水は今度はちゃんとした流れを作っている。
鶴見川が始まっている。綺麗だね。
泉の広場11



2015年04月20日 | | | てくてく歩き | Top↑ |
展望広場から見た多摩市側の写真。(前回の続き)
奥州古道は、地図によっては矢印方向に延びている。
奥州古道1

この尾根を越えて関戸橋の辺りで多摩川を渡るまで、人の歩く道や荷車の通る道などいくつかの古道の痕跡が残っているらしい。

多摩市のHPには次のように書かれていた。
多摩丘陵の尾根道に当るこの道を「多摩よこやまの道」と名付け、散策路として整備しました。この尾根道は古代より武蔵野と相模野の双方を眺められる高台として、また西国と東国を結ぶ交通の要衝として活用されてきました。
 この東西に伸びる尾根筋には鎌倉古道(古街道)が南北に交差し、その痕跡が各所に残され、また様々な伝説等も語り継がれています。
 古代~中世~江戸時代に渡って政治、軍事、文化、産業、社寺参詣などを目的として、東国西国間の交易を行う商人や武士団、諸国霊場を行脚する巡礼者や都の貴人・官人、また幕末には新選組ゆかりの人々も行き来したと推測され、歴史とロマンを感じることの出来る道です。


横山の道15

振り返って見た奥州古道(常盤コース)の方向。この先に鎌倉や京都が繋がっているに違いない。
しばし「歴史とロマン」に浸る。
横山の道34

横山の道19
 この辺りで2本の古道
 が交差していたらし
 い。
 巡礼古道というのは
 江戸時代の武相観音
 巡礼に使われた道だ
 そうだ。奈良平安時代
 から江戸時代までの
 時間がゆっくり流れて
 いる。



これから進む横山の道。尾根上に綺麗に整備されている。今まで歩いてきた道の印象との落差に、目がぱちくりしてしまう。
左の建物にはKDDIと書かれている。データセンターだそうだ。
横山の道35

キブシと山桜が遊歩道の上に被さるように枝を伸ばしていた。なかなか良い景色である。
横山の道20

横山の道21

右横の道を登ると展望ポイントと書いてあったので行ってみた。
横山の道22

見えるのは小田急多摩線の操車場だった。おまけに行き止まり。ちょっとがっかりするよね。
展望ポイントの下は切れ落ちた崖になっている。多分人工的に切り通しを造ったのだろう。
古地図では確かに操車場のわき矢印の方向に奥州古道が続いている。
横山の道38


横山の道23

突き当たりには、馬頭観音の道標と古道交差点という表示が設置されていた。


横山の道24



切り通しを下りて車道を渡ると、再び遊歩道。
横山の道27

横山の道28

綺麗な尾根道を進む。
し、しかし、隣はゴミ処理施設。
横山の道36 

古道らしくなってきた。
横山の道29

横山の道31

眺めの良さそうな小山田緑地の分園への道へ行ってみる。私有地の畑が見える。
横山の道32
先ほどのKDDIの建物が見える。
こちらは町田市側。
尾根の向こうも開発される前はこんな景色だったに違いない。
横山の道33

このビュースポットで、まだ横山の道全体の4分の1くらい。全長10kmほどなので一気に歩けなくもないのだが、ここからはゴルフ場の脇を辿らなくてはならないようだし、別の目的もあったので、この日はここまで。Uターンして展望広場に戻った。
横山の道・地図1


下の写真は尾根の北側に見える都会の風景。南側と対照的で面白い。
どちらが好きかって言うと、やっぱり長閑な方だな。
上・多摩市リサイクルセンター、多摩市総合福祉センター
下左・大妻女子大、小田急多摩線喜多見検車区唐木田出張所
下右・KDDIデータセンター
横山の道page

横山の道、次に行くとしたら唐木田の駅からスタートして、はるひ野駅をゴールにすれば1日で歩くことが出来そうだ。行くかな。どうだろ。古道の方を探して歩くかもしれない。
いつになるか分からない。気が向いたらね。

このところ雨ばかりで、それに山にはまた雪が降ったみたいで、残念な気持ち。
本当はヤマビルの季節になる前にどこかの山に行きたい気分なんだな。


2015年04月14日 | | | てくてく歩き | Top↑ |
古道と聞くと、何となくロマンを感じる。 そそられる。 ような気がする。
この間、鎌倉古道って所に行って里山歩きをしたら長閑でいい感じだった。
鎌倉時代の武士たちが通ったかもしれないのだと思いながら歩くのはなかなか良い気分であった。

今回、奥州古道。
奥州?それって奥の細道かい。府中へ向かう近道だったとどこかに書いてあったから、江戸時代には繋がっていたのだろう。奥州に。
と思ったら・・・

奈良・平安時代に京の都と東国を結んだ官道「奥州古道(国府街道)」が多摩丘陵を越えるには西から「常盤道」、「長坂道(奥州廃道)」、「中尾道」があった。中尾道は足柄や箱根から厚木を経て、ここ「よこやま道」あたりを通り、落合の白山神社(多摩センター付近)から府中、さらに北上して奥州(陸奥、出羽両国)へ向かっていた官道のひとつである。

奈良・平安時代だって。
江戸や鎌倉と繋がっていたのではなく、京都に通じていたのだ。
ふーん。

横山の道2


長閑である。
横山の道18

小松菜も育っている。
横山の道3

由緒ありげな石碑もある。
横山の道4
 西國 板東 秩父 
 諸願成就
 と、読み取れる。





竹藪の小道。
横山の道-horz3

正山寺。
横山の道5

この流れは鶴見川の源流の一つだと思う。春の小川って感じで、良い雰囲気である。
横山の道6

切り通しの斜面に春の花を見つけた。
横山の道7


菫は種類が多すぎて名前を特定することは難しい。可憐で綺麗だから、それで良し。
横山の道tile

農家の庭先へ続く坂道に、猫が2匹。
横山の道8


長閑である。
横山の道9

あの丘の上は、多摩丘陵の「横山の道」が通っている。
横山の道10


春爛漫である。
横山の道11

いい感じ。江戸時代も、鎌倉時代も、あまり変わらない景色だったかもしれない。







で、更に登っていくと、
カーブの先には、

ゴミの不法投棄が絶えないために設けられたフェンスがあり、

横山の道-horz4

一気に「今」に戻る。
横山の道13

展望広場の近くには六部塚というのが見つかっていて、確かにここに古道が通っていたことが分かる。
右は、展望広場から見た北側(東京都多摩市)の景色。ユニクロとかケーズデンキとか・・・

横山の道6-horz


横山の道は東の方に延びていて、まだいろいろな古道と交差しているらしい。

だもんで、大昔と今とが交差する道のてくてく歩きは、つづく。

2015年04月08日 | | | てくてく歩き | Top↑ |
今日は暖かくて気持ちがいい。まるで本当の春が来たみたいだ。

この間歩いた鎌倉古道のことを書こうかな。
小野路1

行ったのは2月。でも、1月の最後に降った雪がまだ残っていた。
小野路2

日向には水仙。いい香りがしていた。
小野路3

これが鎌倉古道なのかな。きれいな道が続く。
小野路4


小野路10

小野路城の説明文

 2度クリックすると
 大きく見られるよ


この社の向こう側。平らな丘の上に城があったらしい。
小野路5

小野路9

小野小町が目を洗ったという言い伝えのある泉。
小野路6

梅林。
まだ蕾は固い。
小野路7


小野路8

 小野路里山交流館

ここで小野路うどんという地粉で打った薄茶色のうどんを食べ た。写真を撮り忘れて残念。
建物は小野路宿にあった
「角屋」という旅籠を改修したものだそうだ。



詳しくはこちら→小野路里山交流館

鎌倉古道と言われている小道は、この辺り多摩丘陵にいくつもあるそうだ。
小野路は「図師・小野路歴史環境保全地域」として保護されている。
ここから1kmくらいの尾根幹線道路より北側は、なだらかな丘陵地帯に開発された多摩ニュータウンで高層の建物が建ち並んでいるのだから、この景色は1kmで何十年も、何百年もかな、タイムスリップしたような不思議なところ。

面白かったので、また違う道も探してみようか。

2015年02月23日 | | | てくてく歩き | Top↑ |
これは駅舎
小田急は遊び心があって楽しいね。異世界の入り口って感じ。
江ノ島2 


   橋のたもとの竜のオブジェ。いいねぇ。江ノ島   


海を挟んで富士山が正面にどーんと見える。
江ノ島3ますますいいねぇ。


そして、この橋を渡ると・・・
江ノ島4 

参道には、懐かしくも怪しげなものを売るお土産屋さんが建ち並び、

江ノ島6 江ノ島7 
江ノ島8 江ノ島9



竜宮城に着く。
江ノ島10


・・・ではなくて、これは、瑞心門。江島神社のHPによると、江ノ島には、天照大神の娘である三姉妹の神様が弁天様となり祀られているそうだ。
龍と女神様との関係もHPに書かれていたので、初めて知った。
と言うことは、駅は竜宮城の入り口ではなかったのね。
弁天様は、幸福・財宝・芸道上達の神様だそうだ。しっかりちゃっかりお参りしておいた。
どうぞ御利益がありますように・・・



そして、
階段を上ると、広がる景色



なんてきれいなんだろ。
海に光のつぶがあふれていた。
江ノ島13



釣り船がのんびり動いている。江ノ島15




灯台はシーキャンドルという名前が付いているらしい。なるほど。
江ノ島12
何だか春のようなのどかな景色。



灯台前の苑地には、春のチューリップが満開。ここはやっぱり竜宮城の世界かもしれない。
江ノ島28


灯台に登って眺めた、茅ヶ崎海岸と遠くに見える丹沢の山並み。
江ノ島29


全く波のない静かな片瀬海岸。 絵に描いたような静けさなので額縁に入れてみました。
24江ノ島


そろそろお昼時。
午後になると生シラスが売り切れてしまうよ、と急ぎ足で参道に戻ると、
4月の連休頃までシラス漁は行われていないそうだ。シラスはカタクチイワシの稚魚だから今頃はまだ卵だっていうわけなのね。
生シラス丼はおあずけ。残念。

釜あげシラス丼            こちらは、いずれ食べられる運命にあるらしいアオリイカ 江ノ島18 江ノ島21





時間があったので、境川沿いを藤沢駅まで歩いた。
江ノ島19
背中に日が当たってぽかぽか暖かい。
藤沢駅まで、のんびり歩いて1時間と少し。
不思議、綺麗、面白いに出会った江ノ島散歩でした。今度は生シラスの食べられる時期に来たいなぁ。



2014年01月14日 | Comment:4 | TrackBack:0 | | てくてく歩き | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。