上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
早いものでブログを始めてから3月12日で1年となりました。
この1年、たくさんの素敵なブログに出会い、有益な情報も得ることができ、面白かったし、スリリングでもありました。また、心優しい皆様からのコメントまでいただき、リンクを貼らせてもらったり貼っていただいたり・・・そんなやりとりは楽しかったです。皆様ありがとうございました。


そもそもなぜ私がブログを始めたかというと、結構長いこと続けていた仕事を辞めて、晴れて憧れの晴耕雨読生活がスタートしたのにもかかわらず、私って人に語るような何かを持っていないなぁと思ったからです。それで、「知らないことを知ろう」と、今までやってみたくても時間がなくて出来なかったことを調べたり体験したりして、つまり私なりのテキトー自由研究をしてブログを書いていこうと考えたのです。それから、このブログというもの自体も、初体験の自由研究でありました。


1年の間に畑、道端の草、山散歩、**mari**さんに教えてもらった天然酵母パン作りなど、初体験の事柄に接しとても面白く過ごすことができました。ブログをやっていなかったらこんなに熱心に調べたりチャレンジしたりしなかったと思うので、やっていて良かったなぁと思っております。

しかし、そもそもの目的がテキトー自由研究発表の場だったのに、いつの間にかブログに記事を書いて投稿することの方に重きが行ってしまい、この頃ではちょっと初めの目的を見失っているというか、方向がずれてきてしまいました。やりたいことがたくさんあるのにブログをやっていると時間が足りないのです。


そんなわけで、一応1年を区切りとしてしばらくお休みというか、のんびりペースに変更しようと思っています。



「お休み」だなんて曖昧なことを言っちゃってしょうがないなぁ。
本音は自分のブログが一番かわいいので、これがなくなってしまうのには忍びないと、すっぱり潔くやめてしまえない未練たらたらの私であります。できれば更新を、まあ月に1度とか・・・スポンサーの広告が出ない程度にはして、そのうち自然にフェイドアウトしていけたらと今のところは思っておるのですが、どうなることか分かりません。
・・・なんてことをわざわざ記事にするなんて大袈裟よね。更新が急にストップしたら何だか今まで来て下さっていた方々に失礼かなと思っちゃって。だもんで気にしないでね。


一応今のところは、やってみたいことが達成出来たときに
どうよ、見てちょうだいな。」と書いてみたいんですけどね。


それではその「やってみたいこと」、達成可能と思われる順に
<今年のチャレンジ目標>
・ねいみゅさんに教わった米ぬかぼかしを作る。
・それを使って畑の野菜を去年より上手に育てる。
・ささげくんさんに教えてもらった苗代苺をこの間公園の植え込みの中からちゃっかり引き抜いてきたから、上手に育てておいしいジャムを作る。
・ふーびーさんみたいにお菓子作りをして日々の生活を豊かにする。
・さくらのスクールに通う。そしていつかはやんちゃ犬さくらを立派なお利口犬にして、犬ブログの皆さんみたいにドッグカフェでお茶をしたり、ワンコ連れでお出かけしたりする。
・丹沢表尾根縦走に挑戦する。→これは富士登山へのトレーニングなんです。なんかのHPに書いてありました。
・デジタル一眼レフカメラの扱いを勉強する。
・富士山に登る。
・漢字検定準1級に合格する。
・自己流に満足せず何か習い事を始める。
・家事の自由研究に取り組む。→つまり、嫌々ながらではなく工夫して楽しく取り組む。
・ダイエットをする。
・市民マラソンに挑戦する。
・東京オリンピックもあることだし、英会話の勉強を始める。

あはは・・・下の方は、思いつきで書いただけです。

それにしても、人の役に立つことも、家計の足しになることもないな。もうちょい大きな夢はないのかいな。起業します!とか言うのならかっこいいのにね。siyou110さんみたいに「第二の人生を賭ける」と言えるものに出会えるといいんだけど。
ま、人に適期はない、いつだって助走よ。




それでは、1ヶ月後にお会いできますように。


あと、書き残したことは・・・







あ、
セーター出来ていますよ~
せーたー19

うふふ、どうよ

スポンサーサイト
2014年03月12日 | Comment:17 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
風は冷たいけれど、空には光がいっぱいなので、ぷらぷら散歩に出かけた。

と言っても、家の周りの半径2km圏内だけど・・・

春の空

山の雪も少しはとけたみたい。



桜の梢の上には春の日射し。
まだ冬芽は固い。だけど、あと2週間ちょっとしたら咲き始めるなんて、
1年が巡るのって本当に早い。
小さい春1

あじさいの葉は冬芽を脱いで顔を出している。
小さい春2


これは、辛夷。やっぱり合っていた。木蓮ではない証拠に蕾の下に葉の芽が見える。
小さい春4

立派な欅だなぁ。
細い枝先がほんのり明るくなっているような気がする。
小さい春5 


春が来ると嬉しいのは、人間が動物だからかしらん。
それなら、本能のままに春を楽しもう。
冬の間の鬱々とした気分がコートを脱ぐように1枚1枚剥がれていく。


七草の時に見つけられなかったナズナが咲いていた。いつもさくらと歩いている公園の隅。
あのときはちっとも気づかなかったよ。ナズナの葉の形をしっかりと記憶しておこう。
なずな
花が咲けば気づくのに、咲いていないと気づかない・・・それってとても象徴的なことだよね。


小さい春は、毎年同じ所に同じようにやって来る。
でも、咲いているのは全部まっさらな新品の、花。
春2



1年が巡って春が来て、私は1年分古びてしまう。
せめてこの、オオイヌノフグリの小さい青い花びら1枚ほどでも、新しい自分になれたらいいのにね。

2014年03月11日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
1月の末に収穫した蕪。

左は10/11に種蒔きした蕪。右は7/14に種蒔きした蕪。半年も土の中にいた方がなぜか小さい。
2種類のカブ 

どちらも同じ「時無し蕪」という種なのに、蒔き時が違っていただけでこんなに生長が違っている。


この写真を撮って「ものには適期がある」というテーマでブログを書こうと思っていた。
野菜には適期がある。種蒔きに適期がある。採り入れに適期がある。だから、「かわいそうだから・・・」と芽かきや間引きや撤去を先延ばしにしていると、結局野菜の生長を助けはしないのだ。
これは、畑をやっていて学んだこと。
・・・と言うようなことを書こうかなと思ってこの写真をキープしておいた。



だけどよく考えてみたら・・・
このちび蕪は適期を逃していたのだろうか。
「7月に蒔くと良いよ」とテレビの先生が言っていたし、種の袋にもそう書いてあったし、
しかも名前も「時無し蕪」。
だから、間違ったことはしていなかったはずなのに。この差はなぜついたかというと、原因は去年の夏の猛暑だと思う。 

適期をとらえていても、その他の要因も大いに関わった上で ものは育つ。
畑をやっていると、いろいろなことを見極めてやっていかなければうまくはいかない。
でも、それを見極めることが出来ない時もある。予想以上の暑さに遭うかも知れないし、大雪だって降るかもしれないし。
ちゃんとやっていても予想外のことが作用して、うまくいかないことだってある。ちょうど良い時期に蒔いて、ちょうど良い季候と世話に恵まれて、やっと、見た目も味もほどよい物が出来上がるのだ。





それなら人には適期はあるのか
何かをするのに、もう間に合わないということがあるのか。
これは大いに関心のあるテーマです。

で、またしてもオリンピックの選手の名言を引用。→どれだけテレビでオリンピックを見ていたんだい

フィギュアの鈴木明子さん
「遅咲きでも頑張れる、何歳からでもやろうと思ったら出来ると言うことを伝えたかった。」
「ソチでとても良い経験が出来た。今後の人生に生きると思う。」

(・・・でも鈴木明子さんまだ28歳なんですけど・・・。スポーツ選手って現役期間が短いからその分老成しているって言うか、さすが何か成し遂げた人は言うことが違うよね。)


何歳からでもやろうと思ったら出来る
そうよ明子ちゃん。今まで真央ちゃんや佳菜子ちゃんばかりを応援してきてごめんね(だって、ちょっと地味な感じだったんだもん)。
何かをするのに、もう間に合わないということは、
ないのです。
私だって、やろうと思って頑張れば。
と言っても「オリンピック選手になりたい!!」なんてのは、当たり前だけど無理よ。
自分に合った目標ね。


それで、思ったんです。
私、このちび蕪でいいんだ、と。
ちび蕪、見た目は情けないけれど食べたら大きいのと同じ、おいしい蕪の味でした。

目指せ!ちび蕪。人には適期なんてないよ。いつだってまだ間に合う。




2014年03月09日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
オリンピックが終わって気の抜けている今日この頃です。

それにしても、日本の選手達、若い人から年季の入った人まで、なんて賢くてひたむきなんだろう。
競技の様子も素晴らしかったし、終わった後のコメントも心に残る名言がたくさん。
オリンピックの余韻にしみじみ浸っております。


でも、でも、
モーグルの上村愛子さん、タイムもエアの演技も素晴らしかったのに、なぜ4位?
ちょいと納得がいかなかったのです。
そして、念願のメダルを取れなかったのに、あの晴れ晴れした笑顔・・・心の中で採点のことをどう折り合い付けているんだろ。強い心だなぁ。



いろいろ思っていた所についこの間、ラジオに旦那さんの皆川賢太郎さんがゲストで出ていて、運転しながら聞くともなく流し聞きしていたらこんなことを言っていた。

タイムや演技の得点の他に基礎点というのがあって、基礎点からの減点で採点されるから、愛子の場合たとえ完璧に滑ったとしても金メダルは無理だった。
基礎点というのは今年(今まで?)の実績。
その根拠は・・・


その根拠は分からないそうです。
もちろん正しい基準で出された数字でしょうし、関係者には明かされているんでしょうけどね。
運転しながらのラジオだったので、聞き取れなかった所や勘違いもあるかも知れないけれど、大筋はそんな感じで・・・
えっそうなの?なにそれ!!!!
で、そうでありながら尚かつチャレンジした上村選手が戦った相手は、自分だったのだと納得したのです。

正当な評価って何?そんなのあるの?


上村選手の後で私の卑近な例でお恥ずかしいのですが・・・「評価って何」について思っていたことがありまして、




ランキングという物があります。
心の脆弱な私としては、この手の物にはきっとはまってしまうから絶対手を出すまいと決めていたのに、ちょっとした気の迷いで1月の確か8日から1週間と少しの間、FC2ブログランキングというのに参加してしまった。

なぜ気の迷いが起こったかというと・・・これがまた長い話なんだけど、管理画面の左側のコミュニケーションという所に「ランキング」というものが付いているではありませんか。あんまり気にしているわけではないけれど、時々クリックしてみることがある。それで、これがとんだインチキで、なんて言ったら叱られてしまうかも知れないけれど、何の根拠があってそうなるの?ということがよく起こる。
 
これは、昨日の画面。たまたま一昨日より少しばかり上がっている。私の場合サブランキングでは大抵2000番台と1000番台を行ったり来たりしていて、それは妥当な所だと思う。全体数の分母が大きいんだから、17742分の1591って大したものだと思う。
しかし他の人はどんなことを書いているのかなと、「おとなりさん」というのをクリックしてみると・・・
ランキング2

ただ今休止中どころか、2年も前からずっと冬眠中と言うか、はっきり言って生きていないのが出てくるなんてざらなこと。それでも人気があるのかもと、閲覧数を見てびっくり、0とか1とか2とかが並んでいることがよくある。
それはないんじゃない?この、放置されっぱなしのブログと私のとがなぜ並んでいるのさ、順位の根拠は何?
テキトーにランダムに並べただけなんじゃないかと勘ぐりたくなってしまう。そんなのならこんな機能なくて良いのに・・・おいおい正当に評価してくれよ。

てなわけで、じゃちょいと試しにFC2ブログランキングというものに参加してみますか・・・
これが1月8日の気の迷い。


驚いたことに始めからビリではなかった。そして、どんどん上がっていった。
下の写真は一応記念にと撮ったランク。多分1番上のランクに行ったときだと思う。

23位

私のブログの閲覧者数はだいたい1日に20~30人で、ごく希に40人を超えることがあるけれど50人に達したことはなかった。実はこの数字ダブルカウントするにしているので正しい人数はこの3分の2くらいなんだと思う。よく分からないけれど、拍手やコメントで画面が変わるとその分もカウントされるんでしょ?
で、その人数で、1週間で110ポイントというのはすごい数だ。読んで下さっている心優しい皆様が押して下さった数字、とても有り難いです。今更だけれど、改めて御礼申し上げます。
でもね、更新していなくても毎日コンスタントに20ポイントくらいずつ入っていたのだから、この数字は心優しい皆様の、おまけと言うか、サービスと言うか、お世辞と言うか、おつきあいと言うか・・・
これ、本当の評価ではないんだと思ったのです。(押してもらっておきながら済みません)
ランキング

相互評価ってそんなものなんだろう。こういうシステムなんだから仕方ない。その上、一旦上位になると休止していようが、面白くなかろうが、ずっと上位にとどまるようになってしまう。
で、やーめたということになりました。面白くないからやめたと言うより、恐れていた通りランキングが気になってしょうがなかったからなんですが。我ながら小さいヤツだと思いました。




どうでも良い私のランキングのことは置いといて・・・

評価って何だろう。
思うように評価されればそれは、仕事をする上での、また、生きる上での励みになる。
思うように評価されないと・・・まあ、いろいろと葛藤がある訳です。
評価するのは他人なんだから、自分のイメージがそのまま表れることはないし、理解されないことははっきり言って不満です。理不尽です。

でもさ、きっと上村選手は、何万だか何千万だか知らないけれど世界中の競技人口の分母の上に1位、2位、3位と付く順位ではなくて、「分母は自分」と言う思いで滑っていたんだと思う。
1分の1。その分母は今まで努力してきた自分で、分子はベストを尽くした1なのね。
だからあんなに晴れ晴れしていたんだ、きっと。

いいよねー
そんなふうに生きたいものです。
第自分位。
この世とお別れするときには、自分で自分を正当に評価して、満足して終わりたいものです。

2014年02月28日 | Comment:4 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
またしても大雪。
雪かきしすぎてとうとうスコップの先に付いていた金属が取れてしまった。
だけど、せめて月曜の朝の通学時間に道が凍っていないようにしないとね。
そう思いながら、ちょっと先の歩道や横断歩道も、頑張ったよ。
2雪の畑10 

畑も心配。かわいい畑の子ども達を救出しなくては。
いつもは自転車で10分の道を、30分かかって、雪をかき分け歩いていきます。
2雪の畑2 

この歩道は全然雪かきが進んでないよ。ちょいと怒りを感じつつ・・・

2雪の畑3 

自分のうちの前だけ雪かきする人あり、
かいた雪を車道に捨てる人あり、ぷんぷん

かと思うと、車道やバス停に盛り上がっている雪を片付けている人もあり。ふむふむ

雪が降った後は、そこの住人の人柄というか根性というか、見え見えだね。


とか何とか心の中でぶつぶつ・・・


雪をかき分けて、
かき分けて、




たどりついたら・・・

なんじゃこりゃ



2雪の畑4

入り口に雪山が出来ていて、中に入れなくなっていた。

昨日、ブルドーザーが出て道の雪かきをしたそうな。

そりゃあ道の確保が最優先なのはわかるけど、畑の入り口を塞がなくったって・・・



フェンス越しにのぞいた畑。
2雪の畑5 

金網の間から。
今度こそネットが落ちている。
2雪の畑6 


よしっ、明日か明後日、膝までの長靴を履いて、あの雪山を乗り越えてやるぞ!と思いながら、
ぷらぷら帰ってくると、


帰り道の途中の公園で、河津桜の蕾が膨らんでいた。

2雪の畑8 


そして、たった1輪だけれど、

2雪の畑7

綻んでいたのです。


あ、今日はいい日だったかもしれない。



2014年02月17日 | Comment:4 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
雪が降りました。
ずんずん積もります。 
雪の日9 
子ども達寒そうだね。
雪の日3 

さくら、手編みのベストを着せてやろう。
子供心を失っていないとうそぶいているお馬鹿な飼い主は、犬よりはしゃぎ気味
雪の日4 

公園は・・・
雪の日10
いろいろ探検中。
雪の日8 

さくらが降ってくる雪を、ぱっくんぱっくんキャッチしている決定的瞬間を撮りたかったのに、奴はカメラに気づくとすぐにそっぽを向いてしまう。相変わらず素直じゃないよ。
雪の日7 

いつもの公園が雪の魔法でこの通り。
雪の日6

こんな景色を見るのはやっぱり嬉しい。わくわくする。

そして・・・
うちの近くでは、車道の雪は夜になる前に完全に消えてしまった。
雪かきをしなくて済んだし、明日も車を動かせるし、有り難い。と思いつつも、
ちょっとは名残惜しい、はかない雪の日でありました。

2014年02月05日 | Comment:10 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
雪、降らなかったですね。

昨日の朝、山には雪雲がかかっていて、
これは降るに違いない。降ったら写真撮ろうと思っていたのに。
雪模様

放置されっぱなしのベランダの睡蓮鉢も、このところずっと薄氷が張っていて、
毎日寒い日が続いている。
氷


昨日、房総半島では朝から雪だとニュースで報じていた。
降り方がかなり強い。画面を見ながら頭の中では「氷の世界」がBGMになってリピートしているよ。やれやれしょうがないなぁ。


「積雪5cmで首都圏の交通は大混乱」とか言う夕刊の見出しを思い描いたりして、
えへへ、雪が降ったら嬉しいのかい。
通勤するのをやめてからもうすぐ2年が経つ。
だからお気楽なもんです。雪、降ったら好きだなぁ。
降ってもすぐとけて日向はぬかるむし、日陰は凍り付いて滑って危ないし、
そして、それが1週間くらい続いたりして、良いことないんだけど、
世界が変わっていく瞬間に居合わせているような不思議な高揚感は好きなんです。

去年も一昨年も今の時期にはここらにも雪が降った日があった。去年は成人式の時に降って気の毒だったから、今年は晴天で良かった。
だけど・・・
天気予報に雪マークが出ると、困った困ったと口では言いながら、本当は心の中でわくわくしている。
やれやれしょうがないなぁ。


夕方までに天気はすっかり回復して、
夕焼け3

山の稜線はくっきり。
夕焼け4

また、冬晴れの良い天気が待っている。
布団も洗濯物も良く乾くし、パン種も膨らむし、それは幸せな暮らしってもんです。




2014年01月16日 | Comment:2 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
あけましておめでとうございます

本年もどうぞよろしくお願いいたします。
尚、新年の営業は6日からとさせていただきます。またのお越しをお待ちしております。
(さくらのいたずらは年中無休で営業中です。)



2014年01月01日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
さくら、散歩に行こう。急がないと日が暮れてしまうよ。
散歩14 

ここを歩いたのは誰かな。ただいま点検中。散歩13

散歩12  怪しいものはいないか?


さくら、早く行こうよ。

東の空で、お月様が見ているよ。散歩5



ほら、夕方が始まっている。山の上にきれいな雲を発見。
散歩16 



夕暮れの空を見ると、工藤直子さんの「夕焼け」を思い出す。
散歩11 
  

 「あしたは かならず
  晴れるに ちがいないなあ

  あしたも わたしは
  たしかに 生きるだろうなあ

  あしたこそ 
  なにかを みるかなあ」


 ・・・・・・
 



何だかしみじみするこの頃の散歩。

きんと冷たい空気。あっという間に夜がやってくる。
明日の天気予報は、雪模様。降ったら嬉しいかも。でも、散歩はちょっとつらいかな。



一番星みつけた。
散歩10


2013年12月17日 | Comment:4 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
久しぶりに電車に乗った。座れば10分以内に熟睡できるという特技を遺憾なく発揮し、降車駅の一つ前で奇跡的に目覚めた。
夢心地のままで、駅の改札を出ると、正面には文化会館。右には西洋美術館。間の道を行けば、動物園。
おっ、お久しぶり。懐かしや、この文化の香り。

ターナー展5 

右奥には噴水があって、その先には博物館。
ちっとも変わらないね。
と思ったら、何と噴水の手前にスタバがある。いつ出来たんだろ。と言うか、
いったい何年ぶりにここに来たんだろう。

ターナー展4 

上野、東京都美術館。

ターナー展3 


行ってきました。ターナー展。

ターナー展1 


前回の反省を踏まえて、美術展鑑賞の予習もちゃんとしてきた。

例えば・・・



ターナーはすごいハンサムだとか、・・・ま、どうでもいい・・・
ターナー展8 

この絵は遠近法の消失点が3つあるとか。・・・そういえば、気持ち悪い・・・
ターナー展8 (4) 

ターナーは英国最高の巨匠だとか、ヨーロッパの風景画家の先駆けだとか。それまでは風景は背景でしかなかったのに、ターナーは風景を主題にしたのだそうだ。自然の、光や水や空気や、その変化の様子を主人公にして絵に描いたヨーロッパでは初めての人なんだそうだ。日本には北斎や広重がいるし、水墨画もずっと昔からあるのにね。

と、日曜美術館をビデオにとって、斜めに拾い見して予習してきた。


これは買ってきた絵はがき
ターナー展絵はがき4  ターナー展絵はがき3  

ターナー展絵はがき1  ターナー展絵はがき5

以前ターナーを見たのはいつだったかなぁ。この下の絵(「湖に沈む夕日」)や、もっと訳の分からないもやもやした絵を見て、景色をこんなふうに描けるんだ、と思った。
ほぼ心の中の景色。
歴史画や宗教画はもとになるエピソードを知らないと、絵自体の味わいが半減してしまうけれど、ターナーの絵は心の風景だから、知識がなくてもきれいなものはきれいと見ることができる。

ターナー展絵はがき6

こんなわけで、電車の中の夢から目覚めて、また、非日常の夢の世界にトリップしてきました。



以上は長い前置きで・・・
タイトルのtobikanなんですけど。
それってなにかと言えば、東京都美術館の略らしい。結構使われているみたい。
そんなの都美術館でいいじゃない。
術の字1文字省略する意味って何?全部正しく言ってよ。

省略言葉って好きではない。
省略すると軽くなる。省略言葉って若者の生活圏から発していることが多いから、
それを使うのって若者におもねる感じがする。だから進んでは使いたくない。例えば・・・
・・・スタバとか・・・(ま、これは、いいにしよう。長いからね。)

ところが都美術館の公式ホームページのアドレスがhttp://www.tobikan.jp/
tobikanだったんです。
ってことは、正式な略称?そんなのあり?

でも、今回特別に許可する。
とびかんって、「飛び館」、「翔び感」みたいでしょ。
日常から飛び出して、どこか遠くにトリップさせてよ。これからも。


ターナー展で一番心に残ったのは、画家が使ったパレットやスケッチブックの展示。
本当に200年前にターナーって人がいて、生きるために描き、描くために生きていたんだと、息づかいや体温が感じられたような気がしました。タイムスリップしたみたいにね。

というわけで、またここに何か見に来よう。
次は、もっと、今に近くて、刺激的なのが、いいかなぁ。



2013年12月05日 | Comment:4 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
いつもの山の公園。
前夜の、嵐のような風と雨に吹かれて落ち葉がいっぱい。
さくさく踏みしめて歩く。
山の公園3

洗濯された空から、太陽の光もいっぱい。
山の公園15


丘の上は、気持ちが良いよ。
一気に駆け上がろう。
山の公園7

山の公園17

影踏み遊びをしたくなる広場。
山の公園11 


山の公園12竹林の道



    木漏れ日の道山の公園13




秋のお土産をもらう。
山の公園16

お昼を過ぎると日が傾いて、夕方がすぐやってくる。
もうすぐ12月。
今年の短い秋とお別れをしてきた。



2013年11月28日 | Comment:6 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
街の紅葉
紅葉1


うちの近所の紅葉
紅葉2

山の公園の紅葉
紅葉3

せっかく写真を撮ったので、まとめてみました。
あ、今朝は急に冬模様。一気に進んだ紅葉も、昨日の風と今日の寒さで終わりになってしまうかもしれないね。



2013年11月11日 | Comment:8 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
さくらと一緒に秋探し。
津久井湖のほとりの花の苑地からスタート。

さくらと城山湖 

広場には、夏の花がまだ元気いっぱい。
花の広場 



城山公園1 

階段を上っていくと前に見えるのは城山。
この間来たときは間違えて登山道に迷い込んだから大変だったけど、大丈夫。
今日は間違えない。整備された遊歩道を進みます。
さくらと城山 

気持ちの良い杉林の道。
杉林 

落ちているどんぐりを写真に撮ろうとすると、さくらがおやつと間違えて点検する。
それは食べられません。

さくらとどんぐり 


たくさんの秋に出会った。
城山公園2 


谷川をのぞいたり、
さくらと谷川 


すすきを見たり、楓の紅葉を見たりして、のんびり散歩していたとき、
すすき2楓 



何かがひらひらして、さくらのいたずらな目がくるくる動いた。

アサギマダラ
羽ばたき方がゆっくりで、羽が透き通っていて、きれいな蝶。


アサギマダラ3 
白く写っている所は実際はうす水色つまり、浅葱色。
この部分の鱗粉が少ないので透き通って見えるそうだ。

胸の所におしゃれな水玉模様    アサギマダラ2
寒くなる前にお相手が見つかると良いね。



ホウノキの落ち葉を踏んで帰ります。
帰り道



城山ダム


穏やかな日差しの中で秋を満喫しました。
神奈川県立津久井湖城山公園

2013年11月04日 | Comment:4 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
10月上旬は30℃近くあった気温がもう思い出せないくらい、涼しいと言うより寒い日が続いている。
夏から晩秋に急降下の今年は、清々しい秋晴れをあまり見なかったかも。 
何だか変だね。
風邪ひきませんように・・・
台風の被害もありませんように。

こんな気候でも野山は、いつもの秋の仕事をしているだろうか。

さくらと一緒に秋探しに行った。

ハナミズキは秋の衣替え中。
PA226782.jpg 



柿の葉の紅葉と、どんぐり。
子どもの頃、クヌギの実は滅多にみつけられなかったので、宝物だった。
秋探し1 

マテバシイも樫の実も、ぴかぴかした実をたくさん落としている。
どんぐりのころんとした姿を見るとついつい拾ってしまう。
雨に当たって、せっかちな樫の実は根を出している。
トトロに会えないかなぁ。



ススキの丘
丘の下の桜は紅葉が始まっていた。
秋探し2

しんとした山の公園。
秋は静かに進行中。

東京都町田市小山田緑地

2013年10月24日 | Comment:4 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
昨日の荒天が信じられないくらいだ。
台風が海上と地上の水蒸気を吸い込んで日本中にあれだけまき散らしたせいで、空には雲が一つもない。
今朝の気温は20℃。秋の空気が呼び込まれて爽やかで清々しい青空。
P9171192.jpg

気持ちの良い青空でもあり、厳しく冷たい青でもある。

昨日1日中テレビで放映されていた土砂崩れに巻き込まれた家の映像や、渡月橋が濁流に洗われる映像、竜巻の被害・・・が頭から離れない。
本当に「数十年に一度」の頻度なんだろうか。今年が特別ではなくてこれからの夏はずっと異常気象が続くんじゃないかと心配になる。
またしても次の台風が迫っているらしい。被害が少ないことを願います。


2013年09月17日 | Comment:4 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
土日は地域のお祭りだった。
いつもは静かな町内を、お囃子と共に神輿と子どもの山車が練り歩く。
お祭り
この町内にもこんなに子どもや若者ががいたのかと驚く。
山車 
広場では、子ども達が金魚すくいやくじ引きで楽しんでいただろう。



夜はカラオケや踊りで盛り上がる。
お祭り・夜 
 





P8040394.jpg  
子どもの頃はどうして綿菓子が素晴らしくおいしいお菓子だったのだろう。ただ甘いだけなのに。綿菓子を作る機械の中心の部分にザラメを入れると夢のようにふわふわの雲が吹き出してきて、それをおじさんが割り箸で絡め取るのをずっと見ていた。
あれ、やってみたかったな。
真ん中の筒状のところでザラメが溶かされて周りの小さい穴から遠心力で細く出てくるのだと知って自分で作れないかと考えたりした。 ばかみたいだけど。  
                                                                                       P8040390_20130805093646230.jpg
かき氷の機械から氷がするする削られて出てくる様子も面白かった。 硬い氷がふわふわの雪に変わるマジック。
シロップはいちごでなくてはならない。舌がトカゲみたいに赤くなるのも面白いよ。

盆踊りの音楽とか、提灯の明かりとか、イカの焦げる匂いとか
いつもと違う町の広場。
お祭りは魔法のニオイがする。


2013年08月05日 | Comment:4 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
川へ行こう1


この頃なぜか曇りがちで、真夏のギラギラ太陽にはあまりお目にかかれません。いっそ降ってしまえば畑の水やりもしなくていいのになぁと、遠くの雷を聞きながら思います。
でも、そんなのんきなことを言っていられるのはこの辺りだけのようで、
水源地の降雨不足や、所によっては集中豪雨のニュースも聞かれ、大丈夫なのか日本?と思う今日この頃です。被害が拡大しないようにと、切に願います。


P7230224.jpg 


気候のことも、これからの日本の行方も心配なことは多々ありますが、
とりあえず、熱中症対策をして畑と犬の散歩から無事生還し、恙なく1日を過ごすことが出来るようにしたいです。



暑さ厳しき折から、どうぞ皆様ご自愛下さい。
P7250310.jpg
2013年07月28日 | Comment:2 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
用事があって横浜に行った。
横浜と言えば、お約束の景色・・・
山下公園



ついでに寄ってきた横浜美術館
横浜美術館
美術館の前に、クラシックカーの展示もあり、愛好家がいっぱい。

お目当てはこちら
今、プーシキン美術館展が開かれている。
P7210198.jpg
お目当て、といっても用事のついでだったので、何が見たいと言うこともなかったのだが、行って良かったかも・・・
それなのに、割と空いていたのにも関わらず、人の後をついて鑑賞するのが嫌いなへそ曲がり者であります故に、さっさか急ぎ足で通り過ぎてしまって見逃してしまった絵があると、今になって後悔。


18世紀の女帝エカテリーナ2世、大貴族ニコライ・ユスーポフ公爵、19世紀後半の商業都市モスクワの大富豪たちによるコレクション。ロシアに集まったフランス絵画コレクションなのだ。(なんのこっちゃ)
「アングル、ドラクロワ、ミレー、モネ、ルノワール、セザンヌ、ゴッホ、ピカソ、マティスなど、プーシキン美術館のコレクションの中のフランス絵画中、選りすぐりの66点で、フランス絵画300年の栄光の歴史をたどります。」とな
おなじみの印象派の画家の作品も多く分かりやすい内容だった。同時開催のコレクション展も個人の収蔵品からのコレクションということで統一感を出していた。


女帝や貴族や本物の大金持ちの人たちが、こうやって莫大なお金を出して芸術を保護してくれたと言うことは、偉大なことだね。たとえその時代では、個人の道楽だったとしても。もし戦争なんかでこれらが消え去っていたらと思うと、文化を守り育てていく人たちの存在は必要不可欠だと思う。
今の時代にもいるのかなぁ。芸術家のパトロンて。


ルノワールとマティスです。きれいな色でしょ。
P7210200.jpg

美術展に行くのもいいもんだ。また、何か見に行きたいと思った。
次の時は、絶対に下調べをしてから行こう。そして、並んでいても我慢してゆっくり鑑賞しよう。
2013年07月22日 | Comment:4 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
ささげさんのブログ野菜を食べやさいの中で紹介されていた、苗代苺で作ったジャムの記事を読んでから、苗代苺は憧れの食べ物になっている。
とてもきれいでおいしそうなジャムと、この、苗代苺の実の美しさ。
(この写真はささげさんからお借りしました)
苗代苺 




道端に生えているのを見つけて、名前を調べて初めて苗代苺を知ったのは5月。そのときはまだ花が咲いていた。
左はそのときの写真で、右はウィキペディアから借りた写真
確かに同じものですよね
P5121376_convert_20130513214958.jpgウィキペディア
道端の雑草、つまり地味な草という認識だった苗代苺は、ささげさんの記事を読んでからは、地味どころかキラキラ輝く宝石のように思える。ルビー色に輝くジャムが食べたい!!!


更に、ヤビツ峠でみつけた苗代苺の甘酸っぱさに出会い(これはそのときの写真)
P7032464.jpg 


早速摘んでジャムを作ろうと、散歩道の以前見つけた所を探したけれど・・・なんだか、様子が違うのだ。P7090031.jpg


苗代を作る6月頃に熟すことから名がついたということだから、すでに実の時期を過ぎていたのだろう。そして、
わずかに残っていた実は、あれれ?
これ、苗代苺じゃないの?あのぷつぷつの実は?
P7090030.jpg


割と最近、同じような実をみつけたはずの別の場所にも行ってみたけれど、
P7090022.jpg
なんか変。これまた、あのぷつぷつがなくなって、実のあるべき所に丸い種のようなものが・・・バラの種に似ている。そう言えば木イチゴたちは皆バラ科だから、キイチゴの仲間には違いないと思う。



こちらは喫茶店の駐車場の隅に植えてある、とても気になるベリー
苗代苺より大きくて、色も茶色に近い 
P7090015.jpgP7090016.jpg 
 

さてこの中に本物の苗代苺はあるのだろうか?苗代苺と信じていたのに全然自信がなくなってしまった。
ジャム!ジャム!と心の中で唱えながら探しに行ったのに残念・・・
調べてみたらキイチゴの仲間はいろいろあって、どれもよく似ている。植物の葉の形や全体の姿を見ただけで、その種類が分かるようになれたらいいのになと思う。そして、
「あっ、食べられるの見つけた!」とか言っておもむろにつまむ・・・
野や山で野生のものを食べるなんて、それこそワイルドだ。そうだ、太く逞しくワイルドに生きたい!!!


答えは来年6月まで待たなくては。花が咲いて、絶対これ!と思えたら、こっそり摘んでこよう。そして、憧れのジャム作りをしよう。道端の雑草だから、泥棒じゃないよね。(ワイルドな小心者です)





2013年07月14日 | Comment:2 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
 毎度ありがとうございます
   あなたは1000人目の訪問者様です


4月6日のカウンター設置から2ヶ月余り、ついにおめでたいありがたいお客様をお迎えしました。
訪問いただきありがとうございました。
つまらないものですが、お礼として、さくらが犬文字で1000を描いている写真をご覧下さい。
今後ともよろしくお願いいたします。
                                   敬具 


1001.jpg 



2013年06月10日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
おめでとうございます
   あなたは777人目の訪問者様です


4月6日のカウンター設置から1ヶ月と20日余り、ついに大当たりのお客様をお迎えしました。
訪問いただきありがとうございました。
つまらないものですが、お礼として、さくらが犬文字で777を描いている写真をご覧下さい。(かなり無理がありますが・・・)
今後ともよろしくお願いいたします。
敬具

   
page.jpg    

 
2013年05月28日 | Comment:2 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
2ヶ月ほど道端観察をして気になっていたこと。
この頃の道端、カラフルになっていません?

遙か昔の子どもの頃、春の空き地や道端には白や黄色の花が多かったように思う。
ハコベとかシロツメクサなどの白、タンポポとかハハコグサなどの黄色。あとは、田んぼにレンゲのピンク・・・そんなのが春のイメージだった。パステルカラーというのか、彩度の低い、薄い色合いの花が多かったように思うのは、遙か昔の記憶だからかもしれないし、遊びに夢中で気づかなかったからかもしれないんだけれど、 皆小さくて慎ましい花たちだったことは確か。
で、今は・・・色も姿も華やかで、拡大してみれば、花屋さんで売っている花みたいに見える。

発端はこの花ツタバウンラン(蔦葉海蘭)→ヨーロッパ原産
調べ始めてすぐの頃、図鑑には出ていなくて名前調べが頓挫してしまった。
そこで掲示板で調べてもらったら、外来種だということだった。
ツタバウンラン 

それまでは、「日本の野草」という図鑑で調べていて、これ、厚さ4cmもある本なので
大抵の草は出ているはずなのに、なんで出ていないんだろ・・・
1990年の発行だから、23年も前の本なので改訂版にはきっと掲載されているに違いないが・・・
ということは、23年前には見られなかった野草だということか。
それで、その後も草を見つけるたび調べていたのだが、ありふれた道端の草なのに出ていないものがたくさんあった。

代表的なものがナガミヒナゲシ(長実雛罌粟)→地中海地方原産で、 幹線道路沿いを中心にあちこちで咲いている。きれいだけれど、花びらの朱色というかオレンジ色には、他の花とはひと味違った雰囲気がある。
P5211545.jpg 
ナガミヒナゲシは園芸品種で、種が道伝いに飛び散って繁殖していると言うことだ。車の良く通る道沿いに多いのもそのためらしい。

ムラサキカタバミ(紫酢漿草)→南アメリカ原産も、オキザリスという名の園芸品種だが道端に進出している。
P4070651_convert_20130420162658.jpg  


色々な種類の草花が、互いに棲み分けて咲いているのを見れば「頑張っているね」と応援したくなるけれど
華やかで綺麗だけれど繁殖力の強い外来種に、在来種が居場所を取られているのを見ると、なんだか悔しい。
在来のタンポポがセイヨウタンポポに押されて、姿を消しつつあるように、色々な植物が駆逐されてしまったら悲しいのだ


     ↓ ナガミヒニゲシとアメリカフウロに占拠されている駐車場の隅   
 駐車場      

 
と、考えていたところで、テレビで「富士山で外来植物駆除のボランティア活動」というトピックをやっていた。
世界遺産に登録されると、観光客は更に増えるだろうから問題は深刻だろう。
強者が弱者を駆逐するのが自然の姿とは言え、絶対に守らなければならない所はあるのだ。

2013年05月23日 | Comment:2 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
さっき、午後3:30頃、ついうっかりの失敗をしてしまった。
書きかけのままで予約投稿にしたつもりの記事を、日にちを間違えて公開してしまった。
1時間弱の間だと思うが文がない写真だけの画面がここに表示されていたことになる。
こんなブログなら大したことないことなんだけれど、大袈裟に言えばワンクリックのミスで失敗が世界に公開されたことになる・・・(ほんと大袈裟)
失敗はするたびに背中がぞっとするような感じになる。
で、思ったこと二つ。

アナログだったら失敗してもその影響はごく小さいということ。
ワンクリックの軽さというやつは、本当に手強い。
どんなに気をつけていても「ついうっかり」はあって、世の中でいろいろ迷惑しているような大きな影響力があることも、これがアナログだったら、とアナログ人間は思うのだ。例えば、今朝ニュースでやっていた学校の成績処理のミスとか・・・
他にも色々あるでしょ。
心していかねばならないと思うのだ。

もう一つは、あと10年とか20年とかたって、脳の構造が「ついうっかり」だらけになったら、つらいだろうなということ。そのたびに背中がぞっとするような感じになったり、いや、それも感じなくなったら・・・
そうならないように気をつけていくしかないんだけれど。
いや、そうなったら、ごめんねよろしくと言うしかないね。あはは、ごめんね、よろしく!(今から言っておく)

あ、ついうっかりつまらないことを書いてしまった。


P5041186_convert_20130511201307.jpg

2013年05月11日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
おめでとうございます
   あなたは100人目の訪問者様です


4月6日のカウンター設置から、ついに、のべ3桁のお客様をお迎えしました。
ありがとうございました。
つまらないものですが、お礼として、いつものさくらの写真をご覧下さい。
今後ともよろしくお願いいたします。
敬具

肩こり・・・


にこにこ
2013年04月15日 | Comment:2 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
たけのこ!

たけのこ




たけのこご飯
タケノコご飯


たけのこの煮物
タケノコの煮物





そらまめ!

そらまめ





空豆とベーコンの炒め物
空豆とベーコンの炒め物






ついでに蕗の煮物
蕗の煮物





こうして 春の献立のできあがり。  春はおいしいね。
春になると、一度はこういう食材を使って料理を作りたくなる。
他にも、ふきのとうの天ぷらとか、グリーンピースご飯とか、土筆をたくさん見つけたときはきんぴらにしたり、
蓬を摘んできて草餅にしたり・・そんなことを、この時期毎年繰り返しやってきたのだから、よく頑張ったもんだと思う。

お母さんが毎日朝食を作って、子どもの支度をさせて、保育園に送っていくコマーシャルがあるけど、
本当にお母さんは偉いね。
体を作り、心を作ると思えばこそ、毎日頑張っているのだ。


えーと・・・
自慢しているわけではなく、
自分でも春を楽しみ、お母さんを楽しんでいるんだけどね

でもね、ちよっとは
私って偉いっと、自分を褒めてみたい訳です。
2013年04月13日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
昨日 さくらの散歩の時にみつけて、今日もう一度写真を撮りに行ってきた。

シロスミレ  スミレ科スミレ属
シロスミレ アップ



家から徒歩15分くらい。

わざわざ行くことも無かろうにとも思う。(もしかして、ブログ中毒かい?)

しかし、しかし、

何十年も生きてきて これが初めての出会い

また、草むしりされていたら・・・と

どきどき早足で辿り着いて

また会えたね!床屋さんの前の街路樹の根元




図鑑では「生育地・山地」となっているから、人がここに移植したのかもしれない

でも、道端にあったから 道端図鑑の仲間入り!


2013年04月09日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
安定した気温が続いて、春真っ盛りなので

一度に咲き出した 道端の小さい友達の検索が 間に合わない

この綺麗な薄紫の花は何だろう

ツタバウンラン


花はシソ科の仲間のようであり、茎は蔓性のようでもあり

何としても知りたい!!

と言うわけで

なんでも百花店 花の掲示板 のお世話になりました。

ツタバウンラン ゴマノハグサ科キンバラリア属

と、判明

世の中には本当に物知りな人がたくさんいるのだと 改めて思う(ため息・・・)

世界の謎をクリアにする道のりは 遠いなぁ

謎が 少しずつクリアになっていくのと

頭自体が混沌としてしまうのと 追いかけっこだなぁ・・・はぁ・・・

一つ覚えると 一つ忘れちゃうのよね・・・

2013年04月08日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |

昨日の雨が上がって 気持ちの良い新緑の道



林の道



南風が かなり強い
 
低気圧は今 東北地方を進んでいるらしいが

この地方では、昨夜暴風警報が出た割には被害がなかった

今日は朝からの晴天

若葉が綺麗だ


新緑1


新緑2

こんな景色の中をのんびり歩いていると

幸せ感じるね









それで

このあと 100円マックふたつゲットして

更に幸せをかみしめたのでした。











今日のさくら
にこにこご機嫌に見えるけど
本当はおもちゃを取りかえそうと狙っているところ
 にこにこ



2013年04月07日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
カウンター設置完了
やっとできた!
なぜ今までできなかったのか謎だが、
できたから良し!
0人からの出発だけれど、まぁいいや ふえるといいなあ
2013年04月06日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
3月12日に「ブログって何?」の状態から、このブログをスタートして、3週間と少し、
始めは「訪問したブログに履歴を残さない」に設定していたのだが、4月から「残す」に変えた。
別に理由はなし、分からないけどやってみたただけ。あはは
そしたら、何?

訪問者様がいらっしゃるではありませんか!!!

すごーい
そういうことだったのね。
なるほど、そういう風にして繋がっていくんだ、
と、
納得しました。また一つ世界の謎がクリアになった。

来て下さった方、ありがとうございます。
始めは、本当にこのブログがネットの世界に存在しているのかと言うことすら、不安であったので
本当だったのだと言うだけで、うきうき気分であります。

これからもがんばりますっ!!!!と、
このモチベーションアップはいったいどうなっているんじゃ~
嬉し恥ずかし、当分はまりそう


ただ一つ問題があって、写真つけて文つけて更新するのに確実に1時間は掛かる・・・
ちょっと手間取れば、いつの間にか2時間くらい
仕事をしていながら毎日のように更新していらっしゃる方々は
どれだけ時間の管理が上手にできているのかと感心してしまいます。

あ、もう一つ問題があって、
カウンターというものをつけたいのだけれど、何回設定しても画面に反映しない。やれやれ・・・
でも、ついたところで数字が一桁とかじゃ悲しいから
まあ、今のままでいいかも


とりあえず、お礼と、ご挨拶まで。失礼しました。







2013年04月05日 | Comment:2 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
今日は朝から冷たい雨で、満開の桜もとうとう寂しいことになってしまった。

それで、

これは昨日の写真。

最後の桜


展望台から


入学式まではもたなかったけれど

あっという間の開花から、よく頑張ったね

地面に花が散り敷いて綺麗だったよ

2013年04月02日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
仕事をしているときは、こんな時期の昼間に散歩をすることがなかったから

気づかなかったのだけれど、街路樹の根元や、歩道の隅にスミレがたくさん咲いている。

スミレは可憐な姿の割にずいぶん逞しい草だ。

コンクリートの割れ目から吹き出すように育っているのには、びっくり。

雑草の「雑」の字は、その他色々という意味だけれど、

なんか、強いとか逞しいとかしたたかとか、そんな感じがして

そんな意味ならスミレは雑草国のお姫様みたいだね。



写真では微妙な色の違いが分からないので残念。

最初のがタチツボスミレ

ちなみに、スミレは全部スミレ科スミレ属


タチツボスミレ

葉がハート型で、花の色が薄紫色なのが特徴

野山に群生していることが多いと図鑑に書いてある。ここは、市で管理されている雑木林

落ち葉の中に一面に咲いていて、壮観であった。

すみれ2



で、これがスミレ(たぶん)

葉が細長く、花は濃い赤紫・・・実際は写真よりはっきりとした色合いなんだけど・・・

すみれ5


ここからは名前が分からない

これは、色はタチツボスミレより少し濃く葉がハート型

すみれ3


これは、色は中間くらい、葉はハート型で、花の中にパンジーのような白い模様が目立ち、花が大型だった。

すみれ4

図鑑の「タチツボスミレ」の項に「花色は変化が多い」と書かれていたので、そうかもしれないが

さいごのは、ニオイタチツボスミレというのに似ている。

「芳香がある」と書いてあったので、昨日確かめに行ったら・・・・

悲しい

草むしりした後だった。

来年は絶対地面に這いつくばって匂いを嗅ごう!!!


で、またしてもネットで調べていたら(どこだったか忘れたけど)、

「秋に咲くスミレは開花せずに実をつけることがあり、これを閉鎖花という」

という記述があり

OH!目から鱗が落ちた

以前からベランダの植木鉢に花を一度も見たことがないのに立派な種をつけている

スミレらしき草があったのだ。

あなた、「閉鎖花」だったのね。なんとエコな、逞しい植物なんだろ

また一つ世界の謎が解けた。賢くなってめでたい。





2013年04月01日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
さくらと散歩するようになって、道端の草花が気になるようになった。

かわいらしいと思いながらも、永いこと「道端の草」としか認識できていなかった

曖昧なことをクリアにしていく第1弾として

写真に撮って名前を調べて、一つ一つ覚えていこうとして

早くも躓いてしまった。

この花の名前が分からない。

タネツケバナ2

ミチタネツケバナ


花や実の付き方からアブラナ科と分かるが、持っている野草図鑑には載っていない。

茎には細い葉が少しついていて、地面近くに丸い葉が集まっている。

あちこちで見かけると気になってしかたがない。

そこで、野草図鑑のサイトを検索してみると・・・・

あっという間に見つかった。

ミチタネツケバナ(路種漬花)アブラナ科タネツケバナ属


様々な知識を無料で公開してくれるインターネットに感謝

また新しい知識を得て一つ賢くなった。(と、自己満足・・・)






2013年03月30日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
この時期どこのブログも桜の写真でいっぱいだろうに

性懲りもなく、さくら巡り2回目

桜は不思議だ。毎年のことなのに、咲き進み具合を気にしたり、

お天気によっては花の様子を心配したり、

心も桜でいっぱいになる。

咲き始めの蕾が丸く膨らんだ様子も満開の姿も散っていく様も

一つ一つ心に刻んでおきたくなる。

1年の内ほんの2.3週間、喜びでもあり少しは切なくもある季節




駅前公園の桜は盛り上がるように一段と綻んでいた

駅前公園2


池に掛かる枝も綺麗

駅前公園池の上の桜



これは、駅のロータリーの横にある大きな一本。立派だね

駅前ロータリーの桜

桜と向かい合っている大きな欅。柔らかそうな新しい葉が枝にびっしりとついている。

駅前の欅


そして、

大通りの桜。道の先が桜色に霞んで、見えないくらいに花で覆われている。

大通りのさくら


まだまだたくさん写真を撮ったのだけれど、

画像の縮小をしてからアップするのがとても面倒で、全部載せきれず残念。

何か良い方法があるのかもね。研究中・・・



2013年03月29日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
桜満開

きれいな桜を眺めながら、ウォーキング・・・と言うか散歩

1日1万歩以上をめざしているので、用があってもなくても、とにかく歩く

お金はなくても時間はあるのだ。



これは、いつもさくらと散歩する並木道

P3250477_convert_20130327112416.jpg


公園の横の遊歩道には花桃がふっくらと満開

P3250480_convert_20130327112451.jpg


これは、公園の桜

P3250486_convert_20130327112639.jpg


欅の新芽が空に黄緑色の手を伸ばしていた。

P3250485_convert_20130327112521.jpg


公園の横の並木道もふんわりと桜の花に包まれている。

公園の並木道


そして、今日のゴールの駅前公園の桜

小雨模様だったので、しんと静かに咲いている。

駅前公園の桜

駅前公園

ここまでで9000歩くらい・・・今日も目標を達成できて満足



2013年03月27日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
桜並木

この間の開花を見つけた桜並木が、

今日はここまで開いていた。

まだ蕾もたくさんあるので七分咲きくらい。

今日は風もない暖かな1日だった。

満開まで後一歩、風も雨もしばらく待っていてほしい。



2013年03月22日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
P3180425_convert_20130318152857.jpg

先週の水曜日に福岡では桜が咲き出したというニュースを聞き、その後暖かい陽気が続いて、

ついに昨日は蕾がうっすらと開いているのを見つけた。

いつもの年なら桜の枝先が少し明るくなって冬芽のふくらむ気配を感じてから1週間以上

かかるものを今年は早送りするように季節が進んでいる。

膨らんだ丸い蕾がぽっと綻ぶ様子はとてもかわいらしい。

強風に飛ばされずに最後まで咲くんだよとエールを送りたい。




バラの新芽

これは、バラの新芽

冬の間すっかり葉が落ちどうなるかと心配していたのに、気づくと次々新しい命を並べている。


2013年03月18日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。