上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
ジャガイモに花が咲いた。立派になって、えらいねーP5271774.jpg P5271771.jpg  
ジャガイモはナス科だそうだ。トマト、ピーマンもナス科だった。花の形がよく似ている。このささやかな畑の9種類の野菜の内、ナス科は4種。ずいぶんお世話になっている。

ナス科4兄弟・・・ピーマンはまだ蕾
4兄弟 
ジャガイモは日本に入ってきたとき観賞用として栽培されたと言うけれど、こうして並べるとなかなか美しいかも。
ペチュニアも、エンゼルトランペットもナス科。ラッパ型の花の形に共通点がある。

エンゼルトランペット(ダチュラ)には毒性があると記憶していたので、調べてみた。


ダチュラ ナス科 ダチュラ属
 熱帯原産の小高木。高さ5m程度になる。5-10月に開花。一年生のメテル種はチョウセンアサガオとよばれ、漢方では、曼陀羅華という。植物体には、ヒヨスチアミンやスコポラミンを含み、神経錯乱や幻覚を起こす。  (「日本の植物たち」より)

ダチュラ ナス科 チョウセンアサガオ属
ナス科に属する一年草または多年草で、有毒植物である。学名のカタカナ表記でダチュラ属、ダチュラと呼ぶことも多い。ただし、園芸上「ダチュラ」と呼ぶときは、近縁種のナス科キダチチョウセンアサガオ属を指す場合がある。・・・極東では曼陀羅華と呼ばれ、鎮静麻酔薬として使われていたこともある。 (ウィキペディアより)




ややこしいんだけれど、以前チョウセンアサガオと総称されていた中の、エンゼルトランペットは毒性のないキダチチョウセンアサガオで園芸上ダチュラと呼ばれることがあり、毒性のあるものは本名がダチュラで、これはチョウセンアサガオ属。名前が混同されているらしい。
<まとめ>
キダチチョウセンアサガオ属は、高木または低木で、下向きの花をつける。→安全
チョウセンアサガオ属は、一年草または多年草で、上向きの花をつける。→危険


それにしても間違って食べると神経錯乱や幻覚を起こすだなんて恐ろしい。そんな事をする人いるんだろうかと思うのだが、事故はよく起こるらしい。
ジャガイモだって、芽や芋が緑になったところには毒性がある。唐辛子もたばこもナス科だそうだ。毒にも薬にもなり、しかも食べておいしく栄養もあるナス科の植物の強い個性を人間はよくぞ飼い慣らしてきたものだと思う。


さて、花が咲いたのでいよいよ来週か再来週はジャガイモの収穫ができそう。初めての収穫なのでとても楽しみだ。梅雨に入ったので水やりをしなくて良くなったけれど、サボらず畑当番を頑張ろう。
スポンサーサイト
2013年05月31日 | Comment:4 | TrackBack:0 | | 市民農園 | Top↑ |
レモン 

先日スーパーで、6個入り350円のレモンを見つけた。
しかも国産。広島県産だった。
 小ぶりで形も少しいびつだから、こんな値段になってしまったんだろうか。

レモンて、食卓の添え物って感じであまり買わない。そのまま食べるわけにもいかないし
皮ごと切って肉料理のお供なんかにするわけだから、輸入物だと皮の残留農薬が心配だ。
かと言って、国産は輸入の3倍くらいの値段だし、買っても使いきらないで冷蔵庫でひからびてしまったら切ないし・・・
輸入のレモンは、それこそ冷蔵庫でずっと腐りもせずいつまでもピカピカしているし・・・
そんなわけで、余程使う必要がなければ敢えて買わない果物だったのだけれど、
この、6個入り350円を見たら、またしても「お得感」にぐんぐん惹かれて、買ってしまった。 


で、せっかくだから皮ごと食べるマーマレイドと、ピールを作った。

甘夏よりすっぱくて苦いので、砂糖を多く使った分カロリー高めだけれど、
すっぱくて苦くて、おいしいマーマレイドの出来上がり。

P5271798.jpg 


トーストにもヨーグルトにも合う、にがあま味。そしていい匂い 。
瀬戸内海の太陽に照らされて、金色に光って揺れていたんだろうな、と想像しながら。


安心して食べられるってことは、とても、幸せだ。

2013年05月29日 | Comment:2 | TrackBack:0 | | 手作り | Top↑ |
植え付けから約1ヶ月。その後のきゅうり君の成長の足跡  
出会ったときは約15cm
P4291120.jpg  ↓ 寒さ対策でレジ袋を装着
 P5021165.jpg
割り箸を継ぎ足して作った支柱と同じくらいだから、30cmほどに生長した。
 P5121349.jpg  
割り箸支柱よりぐんと伸びる。
P5181509_20130527152649.jpg 
5日後にはすでに80cmくらいに
P5231602_20130527152758.jpg
これが最新の姿。葉が大きくなって、逞しくなってきた。
P5271793.jpg
雌花か、それとも、もう実になっているのかは不明だが、ついにキュウリ二世登場
P5271787.jpg 
巻きひげが捕まるところを求めて右往左往しているので、一応ネットをつけておいた。
1mくらいに伸びている。
P5271791_20130527154824.jpg 
 気温が上がると共に、生長のスピードが増してきて、3日見ないと別人のようになっている。植物の力は偉大だ。

さあ、これからは草丈も伸びるけれど、いよいよ実が大きくなっていく様子が見られるようになるのでとても楽しみ。
毎日は来られないけれど3日に1度くらいは世話をしてやらなければならないと思う。
2013年05月28日 | Comment:2 | TrackBack:0 | | 市民農園 | Top↑ |
おめでとうございます
   あなたは777人目の訪問者様です


4月6日のカウンター設置から1ヶ月と20日余り、ついに大当たりのお客様をお迎えしました。
訪問いただきありがとうございました。
つまらないものですが、お礼として、さくらが犬文字で777を描いている写真をご覧下さい。(かなり無理がありますが・・・)
今後ともよろしくお願いいたします。
敬具

   
page.jpg    

 
2013年05月28日 | Comment:2 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
さくらのおもちゃが、次々さくらの腹の中に収まってしまうことに危機感を感じ、これなら食べないだろうというものを買ってみた。
コングの骨型バージョンでロープがついている。
 P5231584.jpg P5231583.jpg

さくらの反応・・・・引っ張りっこをしたあと、気に入ったみたい。よしよし、ひと安心  
P5221580_20130526193553.jpg 
 
えっ 

 あれ

あれれ 
なんか変だよー
P5221578.jpg
 
さくら遊び方間違えてるー
P5221579.jpg
 
およそ10分でこのようになりました。
P5231585.jpg 
P5261739.jpg sakura sikaku

ま、こんなもんだね。
2013年05月27日 | Comment:4 | TrackBack:0 | | 柴犬さくら | Top↑ |
草戸山は町田市の最高峰。と言っても364m
相模原市と八王子市に接していて、町田市の西の外れにある。
低いから、さくらを連れて気軽に来られるかどうかと、事前の偵察に来た。

12:35 大地沢青少年センターの敷地からスタート
草戸山
 
案内板には、運のいい人にはなんちゃら書いてある。 いきなりぐんぐん登りはじめて、 
 草戸山 (2) 草戸山 (4) 
10分後・・・
峠の丘に到着。都庁とスカイツリーが見えるという方向は・・・
草戸山 (9)  草戸山 (12) 
何だか良く分からなかった。(つまり運の悪い人 だった)
 草戸山 (13)
ここからいろいろアップダウンがあって・・・
草戸山 (15) 草戸山 (16)
直径2m以上の大きな根っこが倒れていたり、 お散歩気分できたので大変だったところも・・・
草戸山 (20) 草戸山 (23) 
この尾根道の左側は境川の水源地になっている。左側に降った雨は相模湾に入り、右側に降った雨は浅川から多摩川に合流して東京湾に入る、水の旅の始まり。
                     ↓水源地に下りていく道
草戸山 (26) 草戸山 (27)
草戸山 (28) 草戸山 (29)
1:05 草戸峠   遠くに高尾山が見える。
草戸山 (30) 草戸山 (31)
塔が建っているところが高尾山らしい
草戸山 (32) 
草戸峠からの道
草戸山 (33)  草戸山 (37)
階段の上が頂上
草戸山 (38) 
1:15 草戸山頂上到着    ガイドブックとは違って365m 1m高いのはなぜ? 
草戸山 (43) 草戸山 (40)
眺望は・・・すっきり晴れていればね。真下に城山湖が見えるはずなんだけれど、木が茂っていて残念ながらガイドブックのような景色は見られなかった。 
  草戸山 (42)  
ガイドブックではこんな感じ
P5251737.jpg 
頂上の案内板と東屋
草戸山 (41)  草戸山 (45)
1:20下り始める。
草戸山 (46)   草戸山 (49)  
30分くらいで青少年センターが見えてきた。 センターの前にある桜の木に大きなサクランボがいっぱい。
草戸山 (57) 草戸山 (58) 



今回歩いてみたら、予想に反して距離の割にはアップダウンがあって、途中のこんな所なんかさくら連れではちょっと怖いかも・・・ というわけで 下見の結論はさくら連れ却下。残念!町田の最高峰侮り難し!!               
草戸山 (50) 



ちょっとがっかりした気分ながら、ついでに20分くらいの所にある境川の源流地を見に行った。
草戸山 (79) 
源流の一滴は見られなかったけれど、ここのちょろちょろ小川が太平洋まで繋がっていると思うと いいなぁと思う。
来て良かった。
草戸山 (78)  草戸山 (77) 
草戸山 (80) 

頂上で一緒になった人から、城山湖からの登り方を聞いたので、今度はさくら連れでそちらを試してみたい。  
草戸山 (91)   
2013年05月26日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 山散歩 | Top↑ |
ミニメロンころたんの植え付けから約1ヶ月。
順調と言えるのか、言えないのか
その後どうなったかの報告です。

4/30  植え付け  寒さ対策のビニール(ゴミ袋)をかけた。
P4301136_convert_20130430204050.jpg
  P4301140_convert_20130524085227.jpg

5/10  最低気温が15度以上になったので、ビニールを外してみた。 
P5101326_convert_20130524085650.jpg P5101325_convert_20130524092303.jpg

5/20   摘心   
説明によると本葉3~6枚のうちに早めに摘心するとのこと。ちょっと遅かったかもしれない。
  
P5221567_20130524084239.jpg 

 摘心をしたところ・・・本当にこれでいいんだろうか。
P5221569_20130524090825.jpg   
  
5/23    子づるが伸びている。蕾もついている。
説明によると、「子づるは1~2本伸ばす。各子づるの8~10節めまでは孫づるをかきとり、それ以降に孫づるを伸ばす」
ということは、実は孫づるにつけなければならないわけだから、この花は取らなければいけないのだけれど初めての花だから記念にそのままにしておく。→きっと収穫に影響するんだろうな
P5231591.jpg
 
どれが子づるでどれが孫づるなのかだんだん分からなくなってくる。
蔓と一緒で頭の中もぐちゃぐちゃ状態
P5221568_20130524084240.jpg P5231594.jpg

ネットをつけたところ 
 P5231596.jpg

5/24
蔓が更に伸びていたのでネットにとめておいた。
この間の花は雄花だったので、そのうち自然に落ちてしまうだろう。収穫は、雌花開花後50日くらいということなので、まだまだ先が長い。
このところ気温が上がって夏日が続くのでメロンにとっては良い季候になってきた。
更なる成長を期待している。頑張ってくれたまえ!
P5251735.jpg P5251736.jpg



24日の夕刊に「夕張メロン初競り」の記事が載っていて、2玉で160万円だそうだ。すごいね!!!



2013年05月25日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | プランター栽培 | Top↑ |
 ○月○日
きょうは、とってもうれしいことがありました。 


 
P5211537.jpg   


このまえのとき、
↓ このさくひんは25にちかんかかって、かんせいしました。
P5081324_convert_20130509191757.jpg  


でもこんどは・・・
↓ 14にちでできあがりました。
 P5231586_20130523103537.jpg 


しんきろくじゅりつです。

すごいです。 
これからもがんばります。    
   
  
がんばります  
  
 

頑張らなくてよろしい!!!
2013年05月24日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 柴犬さくら | Top↑ |
2ヶ月ほど道端観察をして気になっていたこと。
この頃の道端、カラフルになっていません?

遙か昔の子どもの頃、春の空き地や道端には白や黄色の花が多かったように思う。
ハコベとかシロツメクサなどの白、タンポポとかハハコグサなどの黄色。あとは、田んぼにレンゲのピンク・・・そんなのが春のイメージだった。パステルカラーというのか、彩度の低い、薄い色合いの花が多かったように思うのは、遙か昔の記憶だからかもしれないし、遊びに夢中で気づかなかったからかもしれないんだけれど、 皆小さくて慎ましい花たちだったことは確か。
で、今は・・・色も姿も華やかで、拡大してみれば、花屋さんで売っている花みたいに見える。

発端はこの花ツタバウンラン(蔦葉海蘭)→ヨーロッパ原産
調べ始めてすぐの頃、図鑑には出ていなくて名前調べが頓挫してしまった。
そこで掲示板で調べてもらったら、外来種だということだった。
ツタバウンラン 

それまでは、「日本の野草」という図鑑で調べていて、これ、厚さ4cmもある本なので
大抵の草は出ているはずなのに、なんで出ていないんだろ・・・
1990年の発行だから、23年も前の本なので改訂版にはきっと掲載されているに違いないが・・・
ということは、23年前には見られなかった野草だということか。
それで、その後も草を見つけるたび調べていたのだが、ありふれた道端の草なのに出ていないものがたくさんあった。

代表的なものがナガミヒナゲシ(長実雛罌粟)→地中海地方原産で、 幹線道路沿いを中心にあちこちで咲いている。きれいだけれど、花びらの朱色というかオレンジ色には、他の花とはひと味違った雰囲気がある。
P5211545.jpg 
ナガミヒナゲシは園芸品種で、種が道伝いに飛び散って繁殖していると言うことだ。車の良く通る道沿いに多いのもそのためらしい。

ムラサキカタバミ(紫酢漿草)→南アメリカ原産も、オキザリスという名の園芸品種だが道端に進出している。
P4070651_convert_20130420162658.jpg  


色々な種類の草花が、互いに棲み分けて咲いているのを見れば「頑張っているね」と応援したくなるけれど
華やかで綺麗だけれど繁殖力の強い外来種に、在来種が居場所を取られているのを見ると、なんだか悔しい。
在来のタンポポがセイヨウタンポポに押されて、姿を消しつつあるように、色々な植物が駆逐されてしまったら悲しいのだ


     ↓ ナガミヒニゲシとアメリカフウロに占拠されている駐車場の隅   
 駐車場      

 
と、考えていたところで、テレビで「富士山で外来植物駆除のボランティア活動」というトピックをやっていた。
世界遺産に登録されると、観光客は更に増えるだろうから問題は深刻だろう。
強者が弱者を駆逐するのが自然の姿とは言え、絶対に守らなければならない所はあるのだ。

2013年05月23日 | Comment:2 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
今回は名前の検索が割合すらすらとできた。ということは・・・花の素性を見極める力がついてきたのかな~?
シラミとノミが出てきてびっくり
小さいことを表すためにこんな名前になってしまったのだね。お気の毒様

ヤブジラミ<藪虱> 
セリ科                 カキネガラシ<垣根芥子> アブラナ科
P5121386_convert_20130514140132_20130521135426.jpg P5121382_convert_20130520085341.jpg
ノミノツヅリ<蚤の綴り>ナデシコ科   ウスベニチチコグサ<薄紅父子草> キク科
P5211540.jpg P5211548.jpg
チチコグサモドキ<父子草擬き>キク科  マメグンバイナズナ<豆軍配薺>アブラナ科
P5211551.jpg P5211558.jpg
   ノビル<野蒜> ユリ科      キキョウソウ<桔梗草> キキョウ科
  P5211564.jpg    P5211555.jpg

クリックすると大きくなるから、是非見てね。キキョウソウは綺麗です。
ピントも合ってるし・・・
2013年05月22日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 道端図鑑 | Top↑ |
 雨なので、
P5201535.jpg 
掃除、洗濯、畑はお休み

 

相棒もこんなだし、
P5201521_20130520125006.jpg




さくらの今までをまとめてみました。右上から反時計回りに成長しております。さくら 
    
   
2013年05月20日 | Comment:2 | TrackBack:0 | | 柴犬さくら | Top↑ |
5/14 ジャガイモの芽かきをした。
種芋が小さかったので切らずにそのまま植えた結果、一つの芋から10本以上の芽が出て、しかも元気に育っている。
それなのに芽かきをしなくてはいけない。切ない。
テキストには「2本にする」と書いてあった。実際他の畑では2本か3本になっていて大きく育っているので、芽かきをする方がいいのだろう。
つまり・・・まだこの時点では、ジャガイモの生長は種芋の養分に支えられているのだ。それなら、この、茂っている葉で作られた養分はどこに行っているのだろう???葉の葉緑素がせっせと光合成をして作ったデンプンは何に使われているのだろう。良く分からない。謎である。
P5121352_convert_20130512211859.jpg
しかたがないので、おそるおそる抜いてみた。簡単にすぽすぽ抜ける。さすがに2本にするのは悲しいので、まず、4本に。いや6本。 
P5121354_convert_20130512212134.jpg
こんなに取って、風通しが良くなった。 
P5121351_convert_20130512212050.jpg
それで、気づいたのだけれど、よく見るとすでに、抜いた茎の元の所に小さい芋ができかけている。つまりこのままにしておくとこれらがすべて小さい芋になってしまうということなのか。葉の生長を支えている種芋のパワーがついに途切れたとき、ちび芋がしょぼしょぼできるということなんだろうな。
P5131419_convert_20130513130559.jpg
それで俄然張り切ってもう一度すぽすぽを繰り返し、最終的にレジ袋に2つ分くらいの茎を取り除いた。一株に3本くらいになったところ。(張り切った割には2本にできない。けちです。)
  P5121355_convert_20130512212210.jpg
株の中心に蕾がついている。この花が咲いて少し萎れたら収穫時だそうだ。
 P5141432_convert_20130514142528.jpg
こちらは、ナスとトマトの花
P5141428_convert_20130514142341.jpg P5141429_convert_20130514142433.jpg  
どんなもんだい!! 
 P5141430_convert_20130514142630.jpg   

追肥をして、虫除けのオルトランという薬をまいて、今日の作業は終了。今のところ、一番奥に植えたさつまいも以外は順調に育っている。間引き後移植したエダマメも。

間引きとか、芽かきとか、摘心とか、摘果とか、「取って捨てる」作業が多くて、けち体質人間としてはすごくもったいない気がする。もしも、「直径3cmのジャガイモ10個と直径15cmのジャガイモ1個とどっちがいい?」と聞かれたとしたら、質より量のお得感を重視してしまうので、迷わず直径3cmのジャガイモ10個を取るだろうな。だから芽かきは「直径1cmの食べられないジャガイモ10個」という選択肢でなければならない。きっと、そういうことなんだろう。
それにしても売り物を作っているわけではない見た目除外の家庭菜園なので(つまり趣味よ、お楽しみよ)できれば実ったものは全部食したい。だから、ジャガイモの収穫が終わったらストレス軽減のために、次は葉ものをやろうと思う。芽が出たら次々間引きしながら、間引いたやつを全部食べきるのだ!!! 
 
2013年05月19日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 市民農園 | Top↑ |
気持ちの良い5月の風に吹かれて
のんびり散歩しながら道端の草に会いに行った。
P5121368_convert_20130513214851.jpg
 

コバンソウ<小判草> イネ科          ナワシロイチゴ<苗代苺>バラ科 
P5151468.jpg P5121376_convert_20130513214958.jpg
カントウタンポポ<関東蒲公英>キク科    アメリカフウロ<アメリカ風露>フウロソウ科
P5121394_convert_20130514140556.jpg
 P5121328_convert_20130513214628.jpg 
ドクダミ ドクダミ科           ニワゼキショウ<庭石菖> アヤメ科
 P5151453.jpg P5151460.jpg
マツヨイグサ<待宵草> アカバナ科   ユウゲショウ<夕化粧>アカバナ科 
P5151464.jpg P5151437.jpg
ヒルザキツキミソウ<昼咲月見草>アカバナ科  ブタナ<豚菜> キク科
  P5151448_convert_20130515150918.jpg        P5151443.jpg
ナガミヒナゲシ<長実雛罌粟>ケシ科    ギシギシ<羊蹄> タデ科
  P5151471.jpg    P5121332_convert_20130513214739.jpg               
チガヤ<茅>イネ科   ナナホシテントウ甲虫目カブトムシ亜目テントウムシ亜科 
 P5121380_convert_20130514135635.jpg      P5121375_convert_20130513214924.jpg 



P5121393_convert_20130514140458.jpg


かたかな表記では分からないけれど漢字にすると素敵な名前がたくさんあったので、和名も併記してみた。夕化粧とか、風露草とか・・・
以前見つけたホザキキケマンも別に何かほざいているわけではなくて、「穂咲黄華鬘」おしゃれな奥様みたいな雰囲気の名前だった。漢字ってイメージが広がるね。 漢字の国に生まれて良かった。
しかし「豚菜」とはなんてこっちゃ。フランスで「豚のサラダ」と呼ばれるのに由来するそうだが、可憐な花なのに、豚菜だってさ・・・羊菜とか兎菜だったらかわいらしかったのに、残念。(そんなに言ったら豚に失礼か)
2013年05月17日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 道端図鑑 | Top↑ |
○月○日
きょうは、せんたくかごにはがたをつけました。
きれいなやまぎりかっとになって、うれしかったです。
P4210975_convert_20130515092438.jpg 


なにか?
P4070644_convert_20130515101022_20130515103052.jpg 




○月○日
きょうは、おかあちゃんがひまそうだったのであそんであげました。たのしかったです。
P5121403_convert_20130515183056.jpg
P5121405_convert_20130515184828.jpg
P5121407_convert_20130515184921.jpg
IMG_8731_convert_20130515185809.jpg 
あとでしかられたけど、なんでかわかりません。


2013年05月15日 | Comment:2 | TrackBack:0 | | 柴犬さくら | Top↑ |
<トウモロコシの生長編>
4/14 種まき             4/19 発芽
P4140825_convert_20130512183545.jpgP4190962_convert_20130512183710.jpg
4/22                 4/29 本葉が出そろう
P4221003_convert_20130512183902.jpg
P4291112_convert_20130512184010.jpg
5/2  大分大きくなった。今回は一つの穴に2本まで間引いた。
P5021167_convert_20130511143004.jpg
間引いた苗・・・こんなに立派なのに捨ててはかわいそうと言うか、もったいない。
畑の隅の所に植えておいた。
P5021169_convert_20130511143130.jpg 

間引き後の様子。
 P5021162_convert_20130511144618.jpg
最終的には一つの穴に1本にする。それなのに・・・
トウモロコシってやつは大きい図体なのに1本に1つしか実をつけさせないそうだ。
なぜだ?納得がいかない。あの立派なトウモロコシの茎に1本に1個かよー
ということは、14個かぁ。それもうまくいって。
何だかイメージが違う。トトロのめいちゃんが無造作にむしったとんぼころしは夢か
野菜って言うやつは色々大変だ。せめて間引いた苗も育って実をつけるといいなぁ

<エダマメの生長編>
4/14 種まき             4/19 発芽

P4140827_convert_20130512191302.jpg P4190960_convert_20130512191408.jpg
4/29                5/2 本葉が大きくなった
 P4291113_convert_20130512191610.jpg P5021160_convert_20130512191742.jpg 
5/8 間引き これも畑の隅に植えておくことにする。
エダマメは2本ずつで良いらしい。 
P5081314_convert_20130511143459.jpg 

なかなか立派になってきた(?)畑の様子
P5081322_convert_20130511143642.jpg 

間引きというのは切ないものだ。せっかく芽を出してきたのに・・・と、思うとためらわれてしまう。
良い成果のためにはそんなこと言ってはいられないのだろう。ここは心を鬼にして、
とか何とか
優しい?いやぁやっぱり貧乏性だね。間引いたやつからも実が採れるかもしれないと、妄想を膨らませている。
間引きのエダマメに実がたくさんなったら、来年はこれで味噌造りができるかも・・・なんてね。


大豆1kgが収穫できるってどのくらいのものなんだろう。苗の数とか、手間とか。全く想像できない。
今年味噌造りしたときに使った大豆は1kgで千円しなかった。確か中国産。 
トウモロコシもエダマメも今の時期はポット苗で売っていて、200円前後の値段が付いている。それで、夏の出盛りの時、スーパーではトウモロコシ1本100円とか、エダマメ1わ300円とかで売っている。途中の流通や小売りの利益を考えたら、これでは生産者は元が取れない。
特にトウモロコシは1株に1つでしょ。どういうことなんだろ。もちろん農家は200円のポット苗なんか使わないだろうけれど、採算が合うように栽培するってことは実に大変なことだと分かる。おまけにトウモロコシは自家受粉しないから、近くに違う種類の花が咲くと交配して雑種の実ができてしまうって言うし、おいしくて、見た目も良くて、大きくて、そして安くて、安全で、と色々欲張りなことを言ったら農家は成り立たなくなる。
せめてこれからは、1に安全・2に味くらいにポイントを絞って品選びをしたい。うーむ値段もだな。では、せめて「見た目の良さ」は外していくことにしよう。

2013年05月14日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 市民農園 | Top↑ |
この間の高尾山で撮った花の写真をまた調べてみたけれど、やはり名前調べは難しい。
科の見当がつくと検索しやすいのだけれど、見当がつくっていうことは「知識」がなくてはならないということなので、科ごとの特徴を記した本なんかがあればいいのになと思う。こうして調べているうちに、~の仲間と分かっていくのだろうが、何かを知るにはたくさんの時間や手間が掛かるのだろう。
でも、こんなかわいらしい形の緑のグラデーションを見ていると、あなたは誰なの?と、知りたくなってくるのだ。
P5051273_convert_20130511122141.jpg



それらしい名前が見つかったものだけ記しました。

?クサイチゴ バラ科 キイチゴ属    ミヤマフユイチゴ バラ科 キイチゴ属 
P5051230_convert_20130510141612.jpgP5051234_convert_20130510141900.jpg 
チゴユリ ユリ科 チゴユリ属           ヘビイチゴ   バラ科 ヘビイチゴ属
P5051235_convert_20130510142009.jpgP5051236_convert_20130510142042.jpg 
オニアザミ キク科 アザミ属
P5051237_convert_20130510142113.jpgP5051278_convert_20130510142530.jpg
マルバウツギ ユキノシタ科 ウツギ属   キランソウ シソ科 キランソウ属
P5051275_convert_20130510142341.jpgP5051282_convert_20130510142842.jpg 
?ホザキキケマン ケシ科 キケマン属     ニッコウネコノメユキノシタ科ネコノメソウ属
 P5051279_convert_20130510142632.jpgP5051284_convert_20130510142919.jpg
オウギカズラ シソ科 キランソウ属    ガクウツギ ユキノシタ科 アジサイ属
 P5051258_convert_20130510142220.jpgP5051259_convert_20130510142259.jpg 

  P5051276_convert_20130510143643.jpg 

登りの稲荷山コースは、道端の草をあまり見つけられなかったが、チゴユリとシャガはコースの脇にたくさんあってちょうど花の時期だった。アザミはこれからなのか大きな葉が広がっているだけだった。初夏の頃には花をつけるだろうからその頃また来てみたいと思う。  
花探しをしながら歩いていると、自然と休み休みになって登りもあまり苦にならなかったし、楽しかった。こんなのもゆったりとしていていいもんだなと思う。

        
2013年05月12日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 道端図鑑 | Top↑ |
さっき、午後3:30頃、ついうっかりの失敗をしてしまった。
書きかけのままで予約投稿にしたつもりの記事を、日にちを間違えて公開してしまった。
1時間弱の間だと思うが文がない写真だけの画面がここに表示されていたことになる。
こんなブログなら大したことないことなんだけれど、大袈裟に言えばワンクリックのミスで失敗が世界に公開されたことになる・・・(ほんと大袈裟)
失敗はするたびに背中がぞっとするような感じになる。
で、思ったこと二つ。

アナログだったら失敗してもその影響はごく小さいということ。
ワンクリックの軽さというやつは、本当に手強い。
どんなに気をつけていても「ついうっかり」はあって、世の中でいろいろ迷惑しているような大きな影響力があることも、これがアナログだったら、とアナログ人間は思うのだ。例えば、今朝ニュースでやっていた学校の成績処理のミスとか・・・
他にも色々あるでしょ。
心していかねばならないと思うのだ。

もう一つは、あと10年とか20年とかたって、脳の構造が「ついうっかり」だらけになったら、つらいだろうなということ。そのたびに背中がぞっとするような感じになったり、いや、それも感じなくなったら・・・
そうならないように気をつけていくしかないんだけれど。
いや、そうなったら、ごめんねよろしくと言うしかないね。あはは、ごめんね、よろしく!(今から言っておく)

あ、ついうっかりつまらないことを書いてしまった。


P5041186_convert_20130511201307.jpg

2013年05月11日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
そんなわけで(昨日の続き)、さくらがお仕事に励んだおかげで、おもちゃはこのようになってしまった。
P5081324_convert_20130509191757.jpg 

この無くなった部分は当然さくらの胃袋の中に入ったわけで、この後語るだに恐ろしいこと起こるのだ。
プラスチックは、当たり前だが消化されずうんちの中に混じって出てくる。
→細かい破片になっているものは。・・・で、破片になっていないものはと言うと、
恐ろしや~
つまり、さくらのおしりに挟まったりしたことが数回・・・このおもちゃの破片ではないかも・・・洗濯かごかもしれないのだけれど(洗濯かごだってさくらのお仕事の一部なのだ)・・・つまり・・・なんか分からないけれどプラスチック様のものが・・・ううう これ以上は書けませぬ

それで、同じ食べちゃうならプラスチックよりは自然素材の方がいいだろうと思って、木のかじりん棒を買ってきた。高かったんだよー。でも、細かく砕けてささくれにならないって書いてあるからさぁ

さくらぁ、ほらプレゼントだよ 

おっ                     いいじゃないこれ
 P5061300_convert_20130509185849.jpgIMG_0857_convert_20130509185136.jpg
 かじって                        かじって
 IMG_6202_convert_20130509185345.jpg IMG_1323_convert_20130509185220.jpg
かじって                        かじって
 IMG_0958_convert_20130509185041.jpgP5061302_convert_20130509185745.jpg 
またまたかじって                   そしてかじって
   IMG_9113_convert_20130509190013.jpg IMG_1012_convert_20130509185253.jpg

こうなるまでに10分かからなかった・・・
 IMG_3480.jpg        

今は、さくらには見えないところに隠してある。   
さくらの歯力に耐える頑丈で安全なおもちゃ探しています・・・  
2013年05月10日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 柴犬さくら | Top↑ |
かじって                      かじって
P5011158_convert_20130508153221_20130508155344.jpg P5011155_convert_20130508153342_20130508155343.jpg   

また かじって                  こわす
P5011146_convert_20130508153429_20130508155342.jpg P5021150_convert_20130508153557_20130508155346.jpg    
これがさくらのお仕事

 P5041185_convert_20130508153656.jpg P5041198_convert_20130508161202.jpg P5041200_convert_20130508161315.jpg 
P5041201_convert_20130509062713.jpg  
2013年05月09日 | Comment:4 | TrackBack:0 | | 柴犬さくら | Top↑ |

4/14 植え付けた時
 弱々しかったイモが・・・
   P4140831_convert_20130507204422.jpg 

4/29  ちゃんとまともな芽を出し・・・
   P4291117_convert_20130507204516.jpg 

5/2  3日でこんなに葉が増え
   P5021156_convert_20130507204327.jpg   

5/4 には更に葉を増やして力強く伸び                  P5041174_convert_20130507204231.jpg 

5/7 周りの畑と比べてもそれほど小さく感じないほどになった。
   P5071304_convert_20130507204118.jpg 


ジャガイモ、まったく君はなんてタフなんだい。
大好きだよ~

2013年05月08日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 市民農園 | Top↑ |
 
憧れのさくら連れの山登り
初めてのチャレンジだけれど、今回はお連れさんがいるので安心。
連休のまっただ中の5月5日、高尾山を目指した。

混雑を予想して駐車場が開く8:00に間に合うように出発し、7:50には到着。
セーフ!と思ったのはつかの間。すでに駐車場には満車の表示が。連休バージョンだったのかも。 困った!
しかし・・・近くのおそば屋さんのPに停めさせてもらって一安心。
で、ここも手続きしている間に、後続車がどんどん入ってきてすぐに埋まってしまった。
連休の高尾山はいつものことながらいかにも観光地です。
ケーブルの駅は早くも人混みでいっぱい

今回は登りは稲荷山コース、下りは4号路の吊り橋コースから1号路を下る。 
高尾山の地図_convert_20130507114821   
 
ここが稲荷山コースの登山口。あまり人がいないのでゆっくり登れるかなぁ
 

8:10  出発    さくら初めての山に興味津々
P5051205_convert_20130506092612.jpg   P5051206_convert_20130506085926.jpg 
     
5分ほどで旭稲荷に到着。   
P5051209_convert_20130507110244_20130507110754.jpg無事に山頂までたどり着けますように・・・ 















ややや さくらにそっくりのおきつね様。よろしくお願いします!
P5051207_convert_20130506090036.jpg  P5051208_convert_20130506090111.jpg 

ぐんぐん歩くよ
P5051213_convert_20130506092944.jpg   P5051211_convert_20130506092839.jpg

P5051212_convert_20130507113209.jpg


雑木林の木漏れ日が
きれいだね 













時々振り返って隊員の様子を点検するさくら隊長 
先頭はさくらだよ みんなついておいで
 P5051210_convert_20130506092807.jpg

8:50 稲荷山休憩所到着
P5051214_convert_20130507120122.jpg 

いい天気で遠くまで見渡せる。東屋で一休み。
新宿のビル群も見えるということだが、霞んでいてはっきりとは分からなかった。
P5051215_convert_20130507120843.jpg 

さくら、まだまだ元気いっぱい

IMG_9446_convert_20130507162915.jpg   

 P5051217_convert_20130507121056.jpg 


休憩所横では山菜を売っていた。
かなり惹かれたけれど、買わなかった(ちょっと未練・・・) 











9:00 水分補給とチョコレートでエネルギーチャージして、休憩所出発 
  さくらはお水ね
P5051218_convert_20130507121950.jpg
気持ちのいい尾根道を歩く P5051219_convert_20130507122550.jpg 
途中、圏央道のインターが見えた。  
 P5051220_convert_20130507122708.jpg P5051223_convert_20130507122746.jpg P5051222_convert_20130507122628.jpg

9:15 さくらは道端の匂い点検 
     くんくん、犬はいるかな     獲物の匂いがするぞ   
IMG_5425.jpg IMG_1640.jpg

9:40 200段の階段に到着。ここを登れば頂上
P5051241_convert_20130507124058.jpg 

なんのこれしき
P5051228_convert_20130507131849.jpg 

階段の途中で黒柴と遭遇 ちょっと腰が引けてるよ
P5051242_convert_20130507124435.jpg IMG_2585_convert_20130507124531.jpg 
P5051243_convert_20130506093105.jpg   くんくんあなたはだれですか

富士山の方向。ちょっと雲がかかっている。
P5051244_convert_20130507134805.jpg 

9:50 山頂到着 矢印のあたりに富士山が見えるはずなんだけど・・・       
   P5051254_convert_20130507131017.jpgP5051249_convert_20130506093210.jpg 
いよいよランチタイム
今回はこんな素敵なグッズ持参のお連れがいたので、うきうき
P5051247_convert_20130507132047.jpg   

メニューは、前日に焼いたパン3種(ウインナロール、ベーコン・チーズ・タマネギ入り、レーズンロール)と、この間の中華ちまきと、漬け物、デザートのパイナップル
そして、温かいコーヒーとスープ

あああ、食べるのに夢中で写真を撮るのを忘れていた!!!!大失敗なり

山頂は人がいっぱい。わんこもたくさんきていた。
水場もあり、売店もあり、自動販売機もあり、トイレもあり(長蛇の列つき)便利だけれど「観光地だね」って感じもする。
でも、稲荷山コースは比較的空いていたしお天気も最高だったから満足
さくらもおやつタイムでエネルギーチャージね。

ちょっと疲れたかも・・・
P5051253_convert_20130506093251.jpg   P5051261_convert_20130507135135.jpg

11:00 下山開始 4号路で吊り橋を目指す
 P5051256_convert_20130507134954.jpg

11:30 吊り橋
   P5051271_convert_20130507135234.jpg

結構高かったし、下には川も流れていたけれど、さくらもちゃんと渡れた。
P5051269_convert_20130507135409.jpg 

ケーブル駅の展望台で、三福だんご(大福、幸福、裕福)を食べ、1号路を下る。
IMG_2797.jpg 



さくら隊長、先頭さんをやめてしまったのですか? 
やれやれ、やっと平らなところにきた 
P5051287_convert_20130506093419.jpg

12:50 ケーブル清滝駅に到着  まだまだすごい人出だった。
P5051288_convert_20130507135544.jpg 



そして、さすがのやんちゃ犬さくらも・・・
あーあ 今日は疲れたよ        
IMG_5599.jpg  
この後爆睡して、しっぽを振りながら寝言を言ってたさくらでありました。
お疲れさん!!  よく頑張ったね。
また、そのうちどこか行こうよね!
 
2013年05月07日 | Comment:4 | TrackBack:0 | | 山散歩 | Top↑ |
これが噂の ころたん
手のひらサイズのメロン

これはタグ
P4301141_convert_20130501184944.jpg
 

                       苗は、こちら
縺薙m縺溘s_convert_20130501182044

この間ホームセンターでキュウリやトマトを買ったとき、偶然見つけてしまった。

畑のジャンルのブログ(素人家庭菜園日記さん)をのぞいていたとき、
今年はメロンでグリーンカーテンと言う記事を読み、
おお、それは素敵だと、やる気満々になっていたのだが、
発売元のHPで今年の分は「売り切れ」と知りとてもがっかりしていたのだ。
やっぱり今年もゴーヤにするか・・・

それが、出会えてしまったのだから、運命を感じて即購入。1株500円近い値段にもめげずに4株買ってしまった。
考えてみれば、それだけ出せばスーパーでメロン買える。

グリーンカーテンでもあり、メロンでもあるのだからいいさ、と言い訳しつつ・・・
ベランダのプランターに植えたのが 4/30
ゴーヤと違ってお嬢様だから、丁寧に育てなくちゃね。とりあえず1株4玉を目指す!

去年のゴーヤの土を全部入れ替え、
P4301136_convert_20130430204050.jpg 

風の強い日で、苗がたなびいてしまっているので、割り箸の仮支柱を立て、ひもで結び、
P4301137_convert_20130430204151.jpg

こんなふうに、お嬢様仕立てにしてみた。
P4301139_convert_20130430204222.jpg 

今年は5月になっても気温が上がらず、北の地方では雪も降っているらしい。
でも、このミニ温室でぬくぬく育っておくれ。メロンちゃん期待しているよ~ん
2013年05月06日 | Comment:2 | TrackBack:0 | | プランター栽培 | Top↑ |

本格中華ちまきを作りたかった。
以前に作ったときもおいしかったのだけれど、五香粉(ウーシャンフェン)と言うスパイスを入れなかったし、何より竹の皮を手に入れることができなかったので、アルミ箔で包んだのだ。
アルミ箔でも良いのだけれど、冷凍保存して温め直すとき電子レンジが使えないのが難点。
それでちょっと憧れの食べ物になっていた。
やっぱり竹の皮がなくちゃね、と今回ネットで調べてダイソーで売っていると知り、これも検索して一番近いダイソーへ。・・・しかし置いてなかったのだ。やっぱり季節ものなのかなと(一体どの季節なのか?)あきらめて、ついでに寄ったいつも行っている近くのスーパーで、なんと、見つけてしまった。近所のスーパー 侮り難し。(教訓1)

P4271082_convert_20130428222344.jpg 


これ、どこにあったと思います?
手作りお菓子コーナー・・・NO!
ラッピングコーナー・・・NO !
お弁当用小物コーナー・・・NO!
ラップ、保存容器コーナー・・・NO!
乾物コーナー・・・もちろんNO!
以上全部今までうろうろ探し回ったところ。

で、みつけたのは、お米売り場のはじっこに置いてあるしゃもじの隣。なぜ~?

まぁ、最初から聞けばよかったといういつものパターン。
竹の皮なんてマイナーなものはきっと、もっとこだわりのある有名スーパーとか、都会のおしゃれなスパイス屋さん的な所とか、ずっと昔からやっている下町の乾物屋さん(どこにあるんだろ)でしか置いてないという思い込みがいかんのだ。(教訓2)

そういうわけで7枚入り190円を、勢いであるだけ5袋買い占めてしまった。・・・一体いくつ作るんだい 

「彼女の献立帳」を参考にして
こうやって・・・
P4281085_convert_20130428222259.jpg P4281089_convert_20130428222216.jpg

こうやって・・・
P4281090_convert_20130428222143.jpg P4281091_convert_20130428222109.jpg

また、こうやって・・・
P4281092_convert_20130428222038.jpg  P4281093_convert_20130428222006.jpg

ここまでは、ちゃちゃっと簡単
P4281094_convert_20130428221802.jpg  P4281096_convert_20130428221727.jpg
 
ここからが本当に大変だった。
三角おむすび型じゃなくて、三角錐にするのね。つまり正四面体。うまくいかん。
算数苦手だし・・・
写真は一応それらしくできたのだけ。後ろの方はお見せできませぬ。
P4281097_convert_20130428221651.jpg  


あとは、30分蒸して、
P4281101_convert_20130428221533.jpg

できあがり
P4281099_convert_20130428221615.jpg  P4281105_convert_20130429103114.jpg
   

お米3カップで21個できてしまった。本格的な中華ちまきと言うか、
本格中華ちまき的なものかも
最後の方は包むコツが分かったけれど、7個めくらいまではまさしく悪戦苦闘して、中華鍋いっぱいのご飯はいっこうに減らず。
質より量に価値を見いだすのは程々にしましょう。(教訓3)
お味の方は、そりゃあもうおいしかったです。



結論:竹の皮は3袋消費して、あとの2袋の出番は当分なさそう。


2013年05月04日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 手作り | Top↑ |


さくら大変だよ

P5021147_convert_20130502101542.jpg 
 
あんたテレビに出ている!
P5021146_convert_20130502101806.jpg
 

おまけに全国放送だよー!!!
繧「繝薙す繝九い繧ク繝」繝・き繝ォ_convert_20130502101631 

ほらね

P4251042_convert_20130502101344.jpg     繧「繝薙す繝九い繧ク繝」繝・き繝ォ_convert_20130502101631


繧ク繝」繝・き繝ォ蟄舌←繧・convert_20130502101727 

P5021155_convert_20130502101844.jpg 

2013年05月02日 | Comment:2 | TrackBack:0 | | 柴犬さくら | Top↑ |
5月です。いよいよ畑に苗を植えようということで、買ってきたのはこれ。

P4291109_convert_20130429211445.jpg
 

キュウリ6本、ナス、トマト、ピーマン各3本
なるべく違う種類をいろいろ買ってみた。来年のためどれがうまくいくか実験。
キュウリはもう時期が遅かったようで、ホームセンターではちょっとしょぼいのしかなかった。仕方なく3本購入。
「接ぎ木苗」というのがいいと『野菜の時間』テキストに書いてあったのに、1週間前はたくさんあった接ぎ木苗がすっかりなくなっていて、悲しかった。
売り場で店員さんと間違えて声をかけた人から教えてもらって、別の所であと3本購入。
左の威勢のいいやつ。お値段は高かったけれどいかにも「できる」感じが漲っている。是非頑張って下さい。





早速、畑へGO

ややや、出ているではないか。

トウモロコシ大きくなっていた。

 P4291111_convert_20130429211731.jpg       P4291110_convert_20130429211637.jpg
 


枝豆も元気

P4291113_convert_20130429211944.jpg    P4291115_convert_20130429212037.jpg


この間だめかもしれないと思った落花生が芽を出していた。すばらしい(ぱちぱち)

落花生の本葉は4枚星のような形に開いていて、初めて見るけれどかわいらしかった。

P4291114_convert_20130429212132.jpg   P4291116_convert_20130429212204.jpg 



そして、一番嬉しかったのが、これ。
もやし状態の芽が出ていてとても怪しかったジャガイモに、新しい芽が出ていた。
種だったらあり得ないけれど、芋は生命力が強い。
クリックしてもらうと分かると思うのだけれど、もやし芽はだめになって、その脇から緑色の力強い葉が出ているのだ。
他の畑のジャガイモに比べたらとてつもなくベイビーな大きさだが、今年はこれを育てていこうと思う。

P4291117_convert_20130429212344.jpg   P4291119_convert_20130429212423.jpg 
 


買ってきた夏野菜の苗も植えた。
奥がキュウリ、手前左側がピーマン、真ん中がトマト、右がナス。
みんな元気に育つんだよー

P4291130_convert_20130429212537.jpg 



支柱も立てて、畑らしくなってきた。
他の畑は、鳥よけのネットをトンネル状に張っていたりして
すごくプロっぽいので、気になる・・・のだけれど、
初心者だからとりあえず「野菜の時間」の言うとおりにやってみるのだ。
失敗したらNHKが悪いんです。

  P4291131_convert_20130429212726.jpg  

種から出た芽たちを、間引きしなくてはいけないのだけれど、せっかく出てきて、鳥よけネットも外したのだから
しばらくお日様に当たってもらおう。間引きや芽かきは次回にします。
これからは週に2回くらいは草取りとか枝の誘引で見に来なくちゃね。

2013年05月01日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 市民農園 | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。