上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
去年の夏頃、丹沢の登山コースについて手当たり次第に検索しているとき、
「丹沢の白馬」という記事を見つけた。
冬になると尾根上に尾根を駆け上がるような白馬の形が出来るらしい。
北アルプスの白馬は雪形ではなく雪解けの形なので、言ってみれば黒馬だけれど、
丹沢の白馬は雪の形が馬になっているので本当の白馬。珍しいんだそうだ。

そして、冬になって山が白くなり始めた。



ここは、向原というところ。
下に小倉橋、右に新小倉橋、向かい側の建設途中の構造物は圏央道相模原インター。

雪形3

新小倉橋にかかる向原跨道橋の上から。
正面奥に見えるのが、丹沢主脈の蛭ヶ岳と丹沢山をつなぐ部分。
雪形4


その、真ん中辺り。
雪形6

雪形2

まだ雪が少なくてはっきりしないね。
雪形7


雪形8

  こんな感じ。白馬が駆け上る姿。
  雪がもう少し降れば後ろ足や尾の形も
  もう少しはっきりしてくるらしいよ。




明日から明後日にかけての雨予報が、多分山では雪になるだろうから、そうしたらはっきり姿を現すかもしれない。
以前行った宮ヶ瀬の鳥居原園地からも見えると案内板にあった。
あとは、いろいろ検索していたら尾根幹からも見えるらしい。今度行ってみよう。

方角から言ったら高尾山からも見えそうなので、去年の2月の写真を調べてみたら・・・

これかな。
ちゃんとした形になっていない。
白馬



おもしろいね。馬の形にきれいな草原が広がっているんだってさ。
そこだけ木が生えていないから降った雪がそのまま白く見える。
夢の中の景色みたいな感じがする。


でも、あそこに登ってみようとは思わないよ。
あそこはね、鬼ヶ岩の頭っていう鬼の角みたいな岩場の下で、山地図に点線のコースさえ出ていない所。
ネットで調べたら、歩いている人もいるらしいけれど、素人は「危険 近づいてはなりませぬ」エリア。
だから、夢の中の景色みたいなきれいな草原を想像して楽しむだけにする。
それもいいよね。

それから、今は、山の形を見ただけで何という名前か分かる所が増えたのがすごく嬉しい。




スポンサーサイト
2015年01月20日 | | | 日記 | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。