FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
左が間引き前、右が間引き後。

小松菜
小松菜の間引き
 小松菜の間引き2


カブの間引き カブの間引き2

ほうれん草
ほうれん草の間引き ほうれん草の間引き2

春菊
春菊の間引き1 春菊の間引き2

はぁっ?
本当に間引いたのかな。一生懸命やったのに、写真で見ると全然分からない。
まあ、私のやることだから、あんまり抜いちゃかわいそう、とか、もう少し大きくしてから食べよう、とか、色々葛藤があるのです。
でも、間引いた証拠のつまみ菜がこのようにたくさん。
                ↓

                ↓

                ↓

つまみ菜

ほうれん草は生でサラダ。春菊は卵とじ。小松菜と蕪は味噌汁でいただきました。



その他のお土産。
お土産3
まあまあの出来です。

豆類は・・・
スナップ豌豆1 空豆1

少しは大きくなったかしらん。
鳥に食べられないようにしっかりネットでカバーした。

空豆とスナップ豌豆1 空豆とスナップ豌豆2




<葉っぱの料理>
人参はごま和えに、大根は煮浸しにしました。

葉っぱの料理

調べたら関西では人参の間引き菜を「人参菜」として普通に売っているそうだ。知りませんでした。

人参菜は本来はもう少し若くて柔らかいものだと思う。人参が出来上がるほど育ってしまうと茎が固い。先の方だけをつまんで良く茹でてから1cmくらいに刻んで使用。香りに癖があるが胡麻で和らいでおいしく食べられた。

大根の方は菜花と同じようなものだよね。同じアブラナ科だし。だからおいしいのは当たり前。ただ、春の菜花は柔らかいけれど大根葉は茎が固いので、茎の太さを半分にするように切れ目を入れると良いかもしれない。

両方とも野生の香りがして、野の元気が体に入ってくる感じがします。

関連記事
スポンサーサイト
2013年11月23日 | Comment:2 | TrackBack:0 | | 市民農園 | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://sakurankanda.blog.fc2.com/tb.php/183-8b2c8f35
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。