FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
前回の山散歩、三の塔リベンジから1ヶ月。日の入りが早くなったから次回は3月と思っていたけれど、毎日暖かい良い天気続き。ほら、向こうの方から山が私を呼んでいるではありませんか。きっとこの間見えなかった富士山も見えるよ・・・これは行くっきゃないね。
と言うわけで、またしても出かけてしまいました。

この間は、遙かに望んだ塔ノ岳。でも、バス便の多い大倉尾根コースで登れば、何とか明るいうちに下山できそうだ。
ガイドブックでは、登りが3時間10分、下りが2時間20分となっている。 前回、烏尾尾根まで2時間30分で、更に余力があったので何とかなりそう。

・・・と思って行ってみたのが、ちょっと見通しが甘かった。
標準コースタイムよりずいぶんオーバーした、お疲れ山散歩の顛末です。



8:05 大倉バス停出発 
朝から良い天気。しかも気温が上がるとな。絶好の山歩き日和です。
登山者カードを初めて書いた。やっぱり今までのハイキングとは違うので、きちんとしなくちゃね。準備体操もOK
バス停前のどんぐりハウスの窓には、「ここは標高290m」の文字が。ふーん、と何気なく読み過ごしてしまったが、あとで思い返して、なるほどと納得した数字。

塔ノ岳 (2)
 

しばらく一般道を歩くと、登山口。 林の中をゆるゆる、次第にぐんぐん登っていく。

9:05 大倉高原山の家    
出発から1時間(コースタイム45分) ここですでに時間がオーバーしている。
あちこちきょろきょろして写真を撮りすぎたせいだよね、と言うことにして、湧き水を一口いただいて5分休憩。
塔ノ岳 (4) 塔ノ岳 (5)  

林の中を、更にぐんぐん登って、

9:17 見晴らし茶屋
相模湾の見える方向は、光の中で霞んでいる。 
塔ノ岳 (7) 塔ノ岳 (8)

9:25
紅葉のトンネルの道。 とても気持ちが良い。
塔ノ岳 (9) 塔ノ岳 (10)

10:05 駒止茶屋 大倉高原山の家から1時間(コースタイム45分)
林の中を登り続けて、辿り着く。またまた15分オーバー。
お昼過ぎまでに頂上に着きそうもなかったら、途中で引き返せばいいやと思いつつ・・・
塔ノ岳 (12) 塔ノ岳 (13)

結構しんどかったけれど、左には富士山、右には前回登った三の塔から烏尾の稜線がばっちり見えて、応援してもらっている気分。
10:25
塔ノ岳 (16) 塔ノ岳 (14)

10:35 堀山の家  駒止茶屋から30分(コースタイム20分)
閉まっているけれど、クーラーボックスが置いてあって「飲み物どれでも100円」の札が。良心的だなぁ、と思う。それと、黙っていただいちゃう不心得者がいない(多分)ことに驚く。
塔ノ岳 (17) 塔ノ岳 (18)

11:14
ここからが、空まで登っていきそうな階段続き。一番きつかった所。
階段を10段上るごとに、はぁーっとため息ついて休憩。だんだん足が上がらなくなってしまう。
塔ノ岳 (19) 塔ノ岳 (20)

11:50 花立山荘  堀山の家から1時間15分(コースタイム40分)
お昼までに着かなかったら引き返そうと思っていたポイント。何とかぎりぎりセーフ。
でも、標準タイムの2倍くらいかかってしまった。 
塔ノ岳 (21) 塔ノ岳 (23)

景色が開けて良い気分。
塔ノ岳 (22) 

12:07
まだまだ続く階段。
でも、塔ノ岳山頂に人の姿が見えてきて、もう少しだと分かって力がわいてきた。
塔ノ岳 (24) 塔ノ岳 (25)

馬の背と言う所か、崩落しかかっていて、左側に新しい道が造られている。登山者が増えたり、酸性雨で木が枯れたりして山の姿が変わってきているらしい。
12:14 金冷シの頭   花立山荘から25分(コースタイム20分)
 塔ノ岳 (28) 塔ノ岳 (29)
あと少し。日陰は霜柱が残っていて、日向はぬかるんでいる。
塔ノ岳 (31) 塔ノ岳 (33)


12:42 塔ノ岳山頂到着。   金冷シの頭から28分(コースタイム20分)
塔ノ岳 (34) 

トータルで4時間40分もかかってしまった。塔ノ岳山頂1491m
塔ノ岳 (35) 塔ノ岳 (37)

途中の階段登りはつらかったなぁ。

でも、この景色には感激する。
一番奥は大山。その手前が三の塔。そして、烏尾山と行者ヶ岳のぎざぎさした稜線。
手前左側のこんもりした所は、木ノ又大日という山だと思う。
前回は向こう側から眺めた塔ノ岳山頂にいる。
前回の続きの道も、残り半分と少し。今登ってきた道に比べれば、なだらかな起伏だからきっと歩けるよと、自信がむくむくわいてくる。

だって、ここは1491m。
思い出したんだけれど、麓の大倉バス停の標高が290m。
標高差1200mを歩いた。
足で登った人生最高標高差地点。すごいよ、わたし。
塔ノ岳 (36) 

真ん中あたり、雲の上にちょこっと出ている三角は富士山。写真では分からないけれど、そこから右の方にちらちらと雪山が見えた。南アルプスらしい。
頭の上は、すっかーんと晴れている。でも、気温が上がってきたので遠くの方は水蒸気で景色が霞んでいる。
でもでも、充分。満足。
おにぎりを食べながら景色を満喫。
塔ノ岳 (38)

登りに時間を取られたので、あまりのんびり出来ないよ。
で、またあの階段を下り続けるのかと思うと・・・ちょっと頭がくらくらする。 

1:25 山頂出発
思った通り、下りも大変だった。何しろ標準タイム通りに歩かないと4時を過ぎてしまうではないか。そしたら日没だよ。ひぇー。
膝ががくがくしない、ぎりぎりのスピードで、ひたすら階段を下り続ける。
塔ノ岳 (39)

3:55  無事バス停到着。山頂から2時間30分(コースタイム2時間20分)
アブナイ、アブナイ、ぎりぎり4時前の到着。3:50発のバスに間に合わなかった。
戸川公園の風の吊り橋が、夕日に赤く染まっていた。

塔ノ岳 (40) 

のろのろでも、休み休みでも、自分のペースで少しずつ登れば、1200mを登って下りることが出来るんだということに、満足。
でも、このコースはもういいや。
疲れちゃったなぁ。と思いながら4:20発のバスに乗って・・・

それが、1週間もたつと、「大倉尾根コース、意外と行けちゃったんじゃない?」に気持ちが変わっている。
脳天気なワタシ。さて、次はどこに行こうかな・・・



関連記事
スポンサーサイト
2013年12月11日 | Comment:8 | TrackBack:0 | | 山散歩 | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://sakurankanda.blog.fc2.com/tb.php/190-2506e7df
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。