上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
春の七草を道端で探してみた。
あるかなぁ。きっと冬の間は枯れていて、春にならないと見つからないに違いない。と思っていたのに、ハコベはちょっと道端をのぞくとしっかり芽生えている。と言うより、夏にこぼれた種から秋に芽生えて、小さいままで冬を越すのだ。寒さの中で本当に逞しい。この逞しい草のパワーをおかゆに入れていただくと言うわけなのね。

ところが自信を持って見分けられるのはハコベくらいで、あとは花がないとやっぱりよく分からない。これかなと思うものを撮りました。特にナズナ、いわゆるぺんぺん草は種がついていないとどこにあるのかさっぱり分からなかった。ナズナはアブラナ科なので葉の形はダイコンを小さくしたような感じ。今の時期はきっと小さいロゼットになっていると思う。

見つからない見つからないと、下を向いて歩いているとタンポポの仲間のロゼットをたくさん見つけた。そして、本当に枯れ果てているのはイネ科の仲間くらいだと言うことに気づいた。越年草、多年草、2年草、みんな寒い中でも頑張っている。

写真は、1番左が去年の花の時期、次が今の様子。円の中はスーパーで買った七草セットに入っていたもの。蕪と大根は畑の様子です。

芹・せり セリ科 セリ属
水田、湿地に見られる多年草。高さ20cm程度。夏に開花。
芹は水際の植物なので道端ではみつけられなかった。花の写真は去年親水公園で撮ったもの。
せり 七草せり


薺・なずな アブラナ科 ナズナ属
田畑や路傍に見られる二年草。高さ20cm程度。春に開花。
どこにでも咲いていたように思うのに今は見つけることが出来なかった。
なずな2 七草なずな


御形・ごぎょう (ハハコグサ<母子草>) キク科 ハハコグサ属
路傍、畦道に見られる二年草。高さ20cm程度。春に開花。
ははこぐさ2 七草3 七草ごぎょう


繁縷・はこべ ナデシコ科 ハコベ属
道ばたや市街地に見られる越年草。高さは10cm程度。
ハコベ2 七草1
七草はこべ


仏の座・ほとけのざ(コオニタビラコ<子鬼田平子>)キク科 ヤブタビラコ属
水田等に見られる二年草。高さ5cm程度。早春に開花。
この、花の写真は実はオニタビラコ(鬼田平子)。子が一つない。コオニタビラコとの違いは草丈が大きいことと、葉がタンポポのようにギザギザだということ。でも花の形はとてもよく似ている 。オニタビラコも七草として食べることもあると何かに書いてあったので、おまけしてもらいます。
おにたびらこ2 七草2
七草ほとけのざ

菘・すずな (カブ<蕪>)アブラナ科
すずな2 すずな 七草すずな


蘿蔔・すずしろ (ダイコン<大根>)アブラナ科
すずしろ2 すずしろ 七草すずしろ



で、これが七草がゆ用のセットに入っていた七草。
みな1株ずつなのに、さすがハコベだけはどっさり入っていた。
七草0 

七草がゆのできあがり 七草がゆ2
早春の草のエネルギーをもらいました。


写真を撮っていたら、食いしん坊が寄ってきた。
「君のはないよ」                    「なんでだよー」
七草がゆ 七草がゆ3


もう2、3ヶ月すると、見つけた草たち、見つけられなかった草たち皆一斉に花を咲かせて、ここにいるよーと教えてくれるに違いない。
1年が巡るのは早いもんです。

関連記事
スポンサーサイト
2014年01月08日 | Comment:0 | TrackBack:0 | | 道端図鑑 | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://sakurankanda.blog.fc2.com/tb.php/202-124febbe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。