FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
オリンピックが終わって気の抜けている今日この頃です。

それにしても、日本の選手達、若い人から年季の入った人まで、なんて賢くてひたむきなんだろう。
競技の様子も素晴らしかったし、終わった後のコメントも心に残る名言がたくさん。
オリンピックの余韻にしみじみ浸っております。


でも、でも、
モーグルの上村愛子さん、タイムもエアの演技も素晴らしかったのに、なぜ4位?
ちょいと納得がいかなかったのです。
そして、念願のメダルを取れなかったのに、あの晴れ晴れした笑顔・・・心の中で採点のことをどう折り合い付けているんだろ。強い心だなぁ。



いろいろ思っていた所についこの間、ラジオに旦那さんの皆川賢太郎さんがゲストで出ていて、運転しながら聞くともなく流し聞きしていたらこんなことを言っていた。

タイムや演技の得点の他に基礎点というのがあって、基礎点からの減点で採点されるから、愛子の場合たとえ完璧に滑ったとしても金メダルは無理だった。
基礎点というのは今年(今まで?)の実績。
その根拠は・・・


その根拠は分からないそうです。
もちろん正しい基準で出された数字でしょうし、関係者には明かされているんでしょうけどね。
運転しながらのラジオだったので、聞き取れなかった所や勘違いもあるかも知れないけれど、大筋はそんな感じで・・・
えっそうなの?なにそれ!!!!
で、そうでありながら尚かつチャレンジした上村選手が戦った相手は、自分だったのだと納得したのです。

正当な評価って何?そんなのあるの?


上村選手の後で私の卑近な例でお恥ずかしいのですが・・・「評価って何」について思っていたことがありまして、




ランキングという物があります。
心の脆弱な私としては、この手の物にはきっとはまってしまうから絶対手を出すまいと決めていたのに、ちょっとした気の迷いで1月の確か8日から1週間と少しの間、FC2ブログランキングというのに参加してしまった。

なぜ気の迷いが起こったかというと・・・これがまた長い話なんだけど、管理画面の左側のコミュニケーションという所に「ランキング」というものが付いているではありませんか。あんまり気にしているわけではないけれど、時々クリックしてみることがある。それで、これがとんだインチキで、なんて言ったら叱られてしまうかも知れないけれど、何の根拠があってそうなるの?ということがよく起こる。
 
これは、昨日の画面。たまたま一昨日より少しばかり上がっている。私の場合サブランキングでは大抵2000番台と1000番台を行ったり来たりしていて、それは妥当な所だと思う。全体数の分母が大きいんだから、17742分の1591って大したものだと思う。
しかし他の人はどんなことを書いているのかなと、「おとなりさん」というのをクリックしてみると・・・
ランキング2

ただ今休止中どころか、2年も前からずっと冬眠中と言うか、はっきり言って生きていないのが出てくるなんてざらなこと。それでも人気があるのかもと、閲覧数を見てびっくり、0とか1とか2とかが並んでいることがよくある。
それはないんじゃない?この、放置されっぱなしのブログと私のとがなぜ並んでいるのさ、順位の根拠は何?
テキトーにランダムに並べただけなんじゃないかと勘ぐりたくなってしまう。そんなのならこんな機能なくて良いのに・・・おいおい正当に評価してくれよ。

てなわけで、じゃちょいと試しにFC2ブログランキングというものに参加してみますか・・・
これが1月8日の気の迷い。


驚いたことに始めからビリではなかった。そして、どんどん上がっていった。
下の写真は一応記念にと撮ったランク。多分1番上のランクに行ったときだと思う。

23位

私のブログの閲覧者数はだいたい1日に20~30人で、ごく希に40人を超えることがあるけれど50人に達したことはなかった。実はこの数字ダブルカウントするにしているので正しい人数はこの3分の2くらいなんだと思う。よく分からないけれど、拍手やコメントで画面が変わるとその分もカウントされるんでしょ?
で、その人数で、1週間で110ポイントというのはすごい数だ。読んで下さっている心優しい皆様が押して下さった数字、とても有り難いです。今更だけれど、改めて御礼申し上げます。
でもね、更新していなくても毎日コンスタントに20ポイントくらいずつ入っていたのだから、この数字は心優しい皆様の、おまけと言うか、サービスと言うか、お世辞と言うか、おつきあいと言うか・・・
これ、本当の評価ではないんだと思ったのです。(押してもらっておきながら済みません)
ランキング

相互評価ってそんなものなんだろう。こういうシステムなんだから仕方ない。その上、一旦上位になると休止していようが、面白くなかろうが、ずっと上位にとどまるようになってしまう。
で、やーめたということになりました。面白くないからやめたと言うより、恐れていた通りランキングが気になってしょうがなかったからなんですが。我ながら小さいヤツだと思いました。




どうでも良い私のランキングのことは置いといて・・・

評価って何だろう。
思うように評価されればそれは、仕事をする上での、また、生きる上での励みになる。
思うように評価されないと・・・まあ、いろいろと葛藤がある訳です。
評価するのは他人なんだから、自分のイメージがそのまま表れることはないし、理解されないことははっきり言って不満です。理不尽です。

でもさ、きっと上村選手は、何万だか何千万だか知らないけれど世界中の競技人口の分母の上に1位、2位、3位と付く順位ではなくて、「分母は自分」と言う思いで滑っていたんだと思う。
1分の1。その分母は今まで努力してきた自分で、分子はベストを尽くした1なのね。
だからあんなに晴れ晴れしていたんだ、きっと。

いいよねー
そんなふうに生きたいものです。
第自分位。
この世とお別れするときには、自分で自分を正当に評価して、満足して終わりたいものです。

関連記事
スポンサーサイト
2014年02月28日 | Comment:4 | TrackBack:0 | | その他色々 | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://sakurankanda.blog.fc2.com/tb.php/203-a51dca6c
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。