上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
これは駅舎
小田急は遊び心があって楽しいね。異世界の入り口って感じ。
江ノ島2 


   橋のたもとの竜のオブジェ。いいねぇ。江ノ島   


海を挟んで富士山が正面にどーんと見える。
江ノ島3ますますいいねぇ。


そして、この橋を渡ると・・・
江ノ島4 

参道には、懐かしくも怪しげなものを売るお土産屋さんが建ち並び、

江ノ島6 江ノ島7 
江ノ島8 江ノ島9



竜宮城に着く。
江ノ島10


・・・ではなくて、これは、瑞心門。江島神社のHPによると、江ノ島には、天照大神の娘である三姉妹の神様が弁天様となり祀られているそうだ。
龍と女神様との関係もHPに書かれていたので、初めて知った。
と言うことは、駅は竜宮城の入り口ではなかったのね。
弁天様は、幸福・財宝・芸道上達の神様だそうだ。しっかりちゃっかりお参りしておいた。
どうぞ御利益がありますように・・・



そして、
階段を上ると、広がる景色



なんてきれいなんだろ。
海に光のつぶがあふれていた。
江ノ島13



釣り船がのんびり動いている。江ノ島15




灯台はシーキャンドルという名前が付いているらしい。なるほど。
江ノ島12
何だか春のようなのどかな景色。



灯台前の苑地には、春のチューリップが満開。ここはやっぱり竜宮城の世界かもしれない。
江ノ島28


灯台に登って眺めた、茅ヶ崎海岸と遠くに見える丹沢の山並み。
江ノ島29


全く波のない静かな片瀬海岸。 絵に描いたような静けさなので額縁に入れてみました。
24江ノ島


そろそろお昼時。
午後になると生シラスが売り切れてしまうよ、と急ぎ足で参道に戻ると、
4月の連休頃までシラス漁は行われていないそうだ。シラスはカタクチイワシの稚魚だから今頃はまだ卵だっていうわけなのね。
生シラス丼はおあずけ。残念。

釜あげシラス丼            こちらは、いずれ食べられる運命にあるらしいアオリイカ 江ノ島18 江ノ島21





時間があったので、境川沿いを藤沢駅まで歩いた。
江ノ島19
背中に日が当たってぽかぽか暖かい。
藤沢駅まで、のんびり歩いて1時間と少し。
不思議、綺麗、面白いに出会った江ノ島散歩でした。今度は生シラスの食べられる時期に来たいなぁ。



関連記事
スポンサーサイト
2014年01月14日 | Comment:4 | TrackBack:0 | | てくてく歩き | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://sakurankanda.blog.fc2.com/tb.php/204-36efaa71
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。