上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
前回、景信山に行って 「おっ、高尾山からずっと歩けるじゃん」 とお調子に乗った私は、
ついに高尾山~陣馬山コースにチャレンジしてきた。
これは前回の写真。頭の中にはこんなイメージが。
コース  
予定では春になってからだったはずが、なぜにこの日になったのかというと・・・

○このコース全部歩くと6時間半くらいかかるらしい。ということは休憩を入れたら、えらいこっちゃになってしまう。
それなら高尾山ケーブルがあるではないか。
ケーブルを使って1時間半短縮、これ当然。

○てなわけで、中央線のダイヤとかケーブルの始発時刻とか調べてみたら・・・なんと、
「平成26年2月5日(水)~4月10日頃までの間、巻上機等更新工事によりケーブルカーを運休いたします。」
のメッセージが。ということは、4月10日頃までこの計画はお預けかい。

○それなら行ってしまえ~というわけで、2月3日の節分の日に決行。
その翌日雪が降り、週末にまた大雪が降ったりしたので 、すんごくグッドタイミングだったというわけです。

(その上、今日2/14も雪降ってるし!!)

前日の濃霧が心配だったけれど・・・



ケーブルを使って6分で高尾山駅へ。1時間半が6分になるなんて実に有り難い。
更にメインストリートを約40分、するすると頂上に到着。

9:00 初めてお目にかかった、がらがらの頂上。ほとんど一番乗りだぜい。
高尾山~陣馬山 

とってもいいお天気でした。頂上から富士山もばっちり。
高尾山~陣馬山1

拡大してみると、登山道がジグザグに見える。いつかは登りたいけれど、やっぱり、手強そう。
高尾山~陣馬山2 

高尾山頂上から小仏城山を目指す道は、整備されていて、遊歩道状態。小学生の体験学習にも利用されているようで、要所要所にきれいなトイレ(水洗)や休憩所があって、安心。
高尾山~陣馬山6

10:20 小仏城山到着。
高尾山のアンテナ塔が見える。ここの茶店は平日はやっていないらしい。
なめこ汁はお預け。
高尾山~陣馬山8 

で、あれっと思ったんだけど・・・
城山にもアンテナ塔があった。ということは、この間見たアンテナは一体どっち?
高尾山~陣馬山11

こんな道や、あんな道を通って、10:40小仏峠に到着。
ここからは、前回と同じ道。
高尾山~陣馬山12 

もう少しで景信山に着く辺りから。ちょっと手ぶれしてしまったので分かりにくいけれど、やっぱり、前回高尾山だと思ったアンテナは小仏城山だった。
結構歩いてきたもんだ。でもまだ半分。
高尾山~陣馬山16

11:20 景信山に到着。
あてにしていた茶店が閉まっていたので、休憩なし。今日のお昼ご飯はカロリーメイトか・・・と、しょぼんの気分。
高尾山~陣馬山17

割と単調な道を、てくてく・・・
視界がきかない尾根道で、たくさんピークがあるが巻き道が付いている。始めのうちは眺望を期待していちいち登ってみたけれど、たいしたことがないので、スルーすることにした。
時々ひどくぬかるんで田んぼの中のようになっている所もある。歩きにくい。かと思うと、乾いた所も。そんな道なのに、今回も走っている人に何度も出会ったのは驚きだった。


13:30 陣馬山に到着。
高尾山~陣馬山14 
唯一開店していた「清水屋」さんで、陣馬蕎麦をいただく。すごく有り難かった。
その上ちゃんとしたお蕎麦でおいしかった。

14:10下山開始
高尾山~陣馬山18
15:10 鄙びた「陣馬高原下」の集落に着く。

高尾山~陣馬山15 




これは、高尾山から少し進んだ「一丁平」から見た丹沢の山々。説明書きをもとにして山の名前を書いてみた。
左から5つと、その後ろに多分隠れている塔ノ岳は登ったので、右側の山にも(富士山も含めて)いつかは登りたい。
でも、左側は☆1つか2つの初級コースなんだけど、右側は☆3つ以上の上級コースなのです。まぁ、夢は大きく持っていた方が良いってもんでしょ。
高尾山~陣馬山3 

そしてまた、今日の天気。雪、雪、雪ですよ。
あれだけはしゃいでいたのに、何このテンションの低さは?
こんなに降ったら3月どころか4月にならなくてはあそこに近づくことも出来ないではありませんか。
ったく、いい加減にして欲しい。雪は嫌いです。



関連記事
スポンサーサイト
2014年02月14日 | Comment:8 | TrackBack:0 | | 山散歩 | Top↑ |
Secret

TrackBackURL
→http://sakurankanda.blog.fc2.com/tb.php/219-60b67969
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。