上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
「@鍋割山」と言っても鍋割山稜は後沢乗越かららしいので、ほとんどが、そこに至るまでの西山林道の道端で見つけた花たちの姿です。


山地の林の下草は派手ではないけれど、こんな感じで可憐な花々が咲いていた。
多分、セントウソウ<仙洞草>だと思うセリ科の小さな花と、仲良く混ざって咲いている菫。
こういう道をのんびり歩くのは楽しい。
スミレ2  



オオタチツボスミレ<大立坪菫> スミレ科 スミレ属
かと思ったけれど、こうして写真にしてみると普通に道端に見られるタチツボスミレかも知れない。
見たときは少し大型で色も濃く感じたので別種と思ったのだが。オオタチツボスミレは距が白いとある。写真では白っぽく見える。
スミレ1 


ルリソウ<瑠璃草>
 ムラサキ科 ルリソウ属
山瑠璃草との違いがよく分からない。山瑠璃草の方が草丈が低いらしい。
すっと首を伸ばしていたので、瑠璃草ということにする。
日陰の草むらで鮮やかな青がとても清々しい。
花屋さんにある勿忘草や、道端に今盛りのキュウリ草も親戚で、花の大きさはそれぞれだけれど皆きれいな青色をしている。
花1 
ルリソウ 


クサイチゴ<草苺>
 バラ科 キイチゴ属
花2  

あと1ヶ月くらい経つとかわいらしい実になる。食べられるらしい。
この写真は去年の草戸山のもの。
クサイチゴのみ  

 
ナツトウダイ<夏燈台> トウダイグサ科 トウダイグサ属
真ん中の赤茶色の所が花。地味な花だけれど、一番上の葉が黄緑色で大きな花びらのように見える。
花3 


キブシ<木五倍子> キブシ科 キブシ属 花4
キブシ 


ミツバツツジ<三葉躑躅> ツツジ科 ツツジ属
ミツバツツジ 


アセビ<馬酔木> ツツジ科 アセビ属
鍋割山稜に入ってからたくさん見かけた。かなり大木になっている。
アセビ1 
アセビ
アセビの実
アセビのみ 


何かの花
楓の仲間かと思って撮ったけれど、よく見ると葉が違うよね。 花の様子も違うみたい。
なにか

なにか2 

今頃は若葉がきれいな季節になっているのだろう。不明さんの花も葉の形から身元が分かるかも知れない。
というわけで、また深呼吸しに行きたくなってしまうのでありました。
関連記事
スポンサーサイト
2014年04月24日 | | | 道端図鑑 | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。