FC2ブログ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
そんなわけで 、

5月の半ばにエンヤコラと歩いてきた丹沢表尾根。
歩くのに精一杯で植物どころではなかったので、花の写真は少ない。
でも、始めのうちは・・・まあそれなりに発見もあった。


ヤビツ峠から富士見橋に向かう林道沿いは、去年の7月木苺の実がたくさんなっているのに出会った所で、今年はちょうど花の時期に当たるなぁと思いながら歩いた。

これは、去年の写真。苗代苺だと思って一粒食べて、とてもおいしかった。
P7032464.jpg

ところが、苗代苺ではないことが今回判明した。
植物について詳しいわけではないけれど一目見ただけで分かる。白花だったのだ。

木イチゴ

苗代苺はピンク色の小さい花で、家の周りの散歩コースに今ちょうど開花している。
去年と同じ所に咲いていたのは、白くて細長い花びらの木苺。鍋割山への道にあったクサイチゴと思うものとも花の形が少し違う。

木イチゴの花

家に帰ってから調べると、木苺の仲間はたくさんの種類があってその中で一番似ていたのが・・・

ヒメカジイチゴ<姫梶苺> バラ科 キイチゴ属
と言う名前。果実は濃いオレンジ色で、特徴は一致するんだけれど、海岸に多いそうだ。(違うかも)

こちらは、家の近くの遊歩道にはびこっている、ナワシロイチゴ<苗代苺> バラ科 キイチゴ属 の花。
ナワシロイチゴ

そう言えば実の色も微妙に違うし、葉の形も違っている。
左が苗代苺の実、右が去年見たヤビツ峠の木苺。
苗代苺 P7032465_20140527184333d9e.jpg
でも、実をちょっと見ただけではとても見分けにくいよね。


ほかにこんなのも見つけた。塔ノ岳直下の尾根道の辺りで。
これもいろいろ調べた末に辿り着いたのが、
ミヤマニガイチゴ<深山苦苺> バラ科 キイチゴ属  と言う名前。実を見るまでは本当かどうか分からない。

木イチゴの花2

トウゴクサバノオ<東国鯖の尾> キンポウゲ科 シロカネソウ属
サンリンソウ<三輪草> キンポウゲ科 イチリンソウ属 かと思ったけれど、よく調べたら雄しべの様子が違っていた。それで、トウゴクサバノオという名前に辿り着いた。
花5
花4


タニギキョウ<谷桔梗> キキョウ科 タニギキョウ属
花1 


シロヤシオ<白八染> ツツジ科 ツツジ属
今回のお目当ての花。まだ咲き始めだった。今頃は満開で登山道の左右を 白く埋めているだろう。
シロヤシオ

シロヤシオ2


バイケイソウ<梅蕙草> ユリ科 シュロソウ属 
花の季節はもう少し先。塔ノ岳への最後の登りの所に群生していた。
バイケイソウ 


あとは、
不明さん
花2 


以上、なぜか白い花ばかり。
色の付いたのはと言うと、

ムラサキケマン<紫華鬘> ケシ科 キケマン属 
ムラサキケマン 

ミツバツツジ<三葉躑躅>
 ツツジ科 ツツジ属
ミツバツツジ 

タチツボスミレ<立坪菫> スミレ科 スミレ属
スミレ1 


でもやっぱり一番きれいだったのは、
この新緑。

新緑1 


新緑2

写真を見ていると、また行きたくなる。上り下りの大変だったことは、すぐ忘れちゃうのね。

関連記事
スポンサーサイト
2014年05月30日 | | | 道端図鑑 | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。