上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
尾瀬で出会った花の名前

だいたい歩いて見つけた順に並んでいます。(沼山峠→大江湿原→浅湖湿原→沼尻→白砂湿原→尾瀬沼東岸)
写真をクリックすると別窓で、少し拡大且つ少し鮮明に見られます。





行ったのは7月下旬。花の時期に合わず、まだ蕾のものやすでに実になっていたものもあった。でも今年は、8月上旬に行った去年より尾瀬らしい植物にたくさん出会えたように思う。

ギンリョウソウ<銀竜草> イチヤクソウ科 ギンリョウソウ属 
ぎんりょうそう 
別名ユウレイ草。 山地の湿り気のある林内に見られる多年性の腐生植物で葉緑素は持たない。
尾瀬特有の植物ではないけれど図鑑でしか見たことがなかったので、偶然見つけたときはびっくり。透き通ったような白で目立たない。沼山峠から歩き始めてすぐ、たまたま木道の脇を見たときに白い物が3本にょっきりしているのに気づいた。茎がくねっていてまったく龍の姿だね。

ゴゼンタチバナ<御前橘> ミズキ科 ゴゼンタチバナ属
ごぜんたちばな-horz

ワタスゲ<綿菅> カヤツリグサ科 ワタスゲ属
わたすげ1-horz 

ワレモコウ<吾亦紅> バラ科 ワレモコウ属
われもこう

ニッコウキスゲ<日光黄菅> ユリ科 ワスレグサ属 
にっこうきすげ-horz 

ヤナギラン<柳蘭> アカバナ科 ヤナギラン属
平野家のお墓があるヤナギランの丘で。まだ蕾。
やなぎらん 

オタカラコウ<雄宝香> キク科 メタカラコウ属
ふめいさん

オゼヌマアザミ<尾瀬沼薊> キク科 アザミ属
horzおぜぬまあざみ


ミズバショウ<水芭蕉> サトイモ科 ミズバショウ属
花の後、葉が大きくなっている。花の名残の部分が残っている。
みずばしょう-horz 

キンコウカ<金黄花> ユリ科 キンコウカ属
きんこうか-horz

ヒメシャクナゲ<姫石楠花> ツツジ科 ヒメシャクナゲ属
これは蕾なのだと思う。でも、花の時期は6月から7月上旬になっている。図鑑の花の写真は下向きに着いているのになぜか上向き。
ヒメシャクナゲの葉は細かい羽毛があって白っぽく光って見える。去年は花が終わった時期だったのでこの光る葉っぱはなんだろうと思いながら歩いた。謎が一つ解けた。
horzひめしゃくなげ 

ヒツジグサ<未草> スイレン科 スイレン属
未の刻(午後2時頃)に花が開くから付いた名前だという。でも、実際はもっと早い時刻に咲くという。この写真の花はまだ眠っている。
horzひつじぐさ 

チングルマ<稚児車> バラ科 ダイコンソウ属
初めはワタスゲの綿毛が出来上がっていない物かと思った。調べてみたらチングルマ。
チングルマといえば、可憐な白花をまず思い浮かべていたのだが、名前の由来は花の後の穂が、子どもの風車(稚児車)に似ているからだという説があるらしい。
ふめい3-horz 

ナガバノモウセンゴケ<長葉の毛氈苔> モウセンゴケ科 モウセンゴケ属
葉が小さいモウセンゴケは、全国の湿地で見られるけれど、このナガバノモウセンゴケは北海道の他は尾瀬だけに見られるらしい。
もうせんごけ-horz 


モミジカラマツ<紅葉唐松>キンポウゲ科 モミジカラマツ属
horzふめい 


ヒオウギアヤメ<檜扇文目> アヤメ科 アヤメ属 
horzかきつばた 

ハナニガナ<花苦菜> キク科 ニガナ属
はなにがな-horz 


ヤマハハコ<山母子> キク科 ヤマハハコ属
ふめい2-horz 


何という植物か知らない。
写真を撮ったときにも気づかなかった。
上のハナニガナの写真を広げてみたとき、左隅に偶然写り込んでいた葉っぱが、こんなにかわいらしいことになっていたことに気づいた。 自然て不思議と思ってしまう。
水滴 


今年はニッコウキスゲの当たり年ではないそうで、大江湿原は一面の黄色にはなっていなかったけれど、ワタスゲやヒメシャクナゲなど7月上旬頃の花も見ることが出来たのはラッキーだった。もしかしたら、冬の降雪が多かったせいかな。

尾瀬には全国の湿原で見られる植物のほとんどがあるという。尾瀬はまるで日本の湿地の見本園みたいだ。どこを見ても花がいっぱいできれいなわけだね。そして、人が手を加えた花壇より、彩りや姿が華やかに見えるのが不思議。
景色を見ながら歩いたり、山に登ったりする尾瀬もいいけれど、のんびり花探しをするのも楽しい。花調べをして、少しは名前を覚えたので楽しみが増えたように思う。

で、今度は結実する前の、花の状態のミズバショウやチングルマに会いに行きたいし、いつかは、至仏山と谷川岳にしか見られないオゼソウや、初めに見つけられた戸隠ではすでに絶滅し尾瀬では燧ヶ岳にしかないというトガクシショウマに会いに山にも登ってみたいものだ。いつかはね。

池塘

関連記事
スポンサーサイト
2014年08月12日 | | | 道端図鑑 | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。