上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--年--月--日 | | | スポンサー広告 | Top↑ |
前回の記事で、「おいしくなかった」と書いたら、強力な助っ人「陶芸&野菜」のねいみゅさんからアドバイス。
『収穫は茎がコルクのようにガシガシになってから。そして追熟するので一ヶ月は放置。』
有り難き幸せなり。


さて、着果から50日。
濃い緑色が白っぽく薄くなっていて、まだら模様が浮き出て見える。
切るとき確かに茎が固くてはさみの刃が立たないくらいだった。
こんなもんでどうでしょう。
P7241827.jpg



8月9日
追熟2週間後
1ヶ月が待ちきれなくて、切ってしまった。
切った感じは、前のよりさくっとしていて、種の周りの果肉が少しだけワタのようになっている。

P8091942.jpg


P7111733.jpg
  こっちは以前のもの。
  種の周りが固いし、色も薄かったのだ。



ポタージュと、夏野菜カレーのトッピング(オリーブオイル焼き)で完食。

見た目も味もカボチャらしくなっていた



収穫時期の目安は、濃い緑の方は   →   薄く色が抜けたようになってから。
みどりちゃん  P7241827.jpg

黄緑の方は、全体に薄茶色になってから。
そして、更に茎がはさみの刃が立たないくらいに固くなってから。

バターナッツの収穫時期は茎の堅さと心得た。




さて、今のバターナッツの面々はどんな様子かというと・・・
page_20150823101702469.jpg

まだまだでんな。

あと1ヶ月はここにぶら下げておく。
・・・・・秋だね。



この頃は雌花の蕾が着く率がとても下がっていて、
 おっ、雌花発見!と思ったのも束の間   →   咲かずに朽ちてしまうこともしばしば。
P7251828-horz.jpg

たまたま見たテレビで甲州カボチャの空中栽培というのをやっていて、
それによると、
カボチャを地這いではなく縦に伸ばすと、水の吸い上げにストレスがかかって
自然に着果率が下がり収穫量が減って、その分少ない実に栄養が集中する・・・
とか、言っていたので
ま、そういうことなのかも。



うどんこ病の葉を切り続けているので、すかすかだけれど、
よく見るとぶら下がっているのが分かるでしょ。
P8211950-horz_201508231031398c2.jpg



今度は必ず1ヶ月追熟してみる。

・・・・それって、10月か11月?冬至カボチャにはなるね。







みどりちゃん2号
  本日収穫のみどりちゃん2号
  ちょうど2ヶ月たって、
  色が薄茶色になっている。
  このくらいの色になるまで待つと
  良いのかもしれない。
  結果は追熟後。つまり1ヶ月後だよ。




関連記事
スポンサーサイト
2015年08月24日 | | | 市民農園 | Top↑ |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。